スポンサードリンク

こんにちは。マスター・テッドです。

今週はついにローグ・ワンの公開!!

そこで、と言うわけでもないのですがローグ・ワンのグッズ関係でめっちゃ前面に出てきている、デス・トルーパーさんを。

 

かっけ~

デス・トルーパー、1/12のバンダイ製プラモデルです。

 

スポンサードリンク

箱絵がカッコイイですね。

予告編見ててもこんな感じですよね。

左腕のパーツがなんなのか、気になります。

 

側面はこんなん。

あ、そうか。

これも数体揃ってたらよさげですねえ。

 

反対側の側面。

1/12シリーズの伝統?全身の写真が。

 

スポンサードリンク

パーツは3袋。

構成は大体、今までのトルーパーと同じかなと感じました。

 

 

シールもデカールも、なんだかカラフルなのが入っています。

これ、銃口の焼けた跡を再現する物なんですね!

奇しくも先週末、バイクのチタンマフラーがいい感じに焼けている写真を見て、

「これってどうやって塗装で再現するのか?」

と話をしたばかり。

結論はワタクシ程度の腕では塗れない、でしたが(笑)

ええ、ありがたくデカールを貼らせていただきます。

 

フェイス部。

たしかにダース・ベイダーのマスクっぽくもあるんですよね。

劇中での活躍が楽しみなところですわ。

 

どう作ろう?

デス・トルーパーは今までのストームトルーパーと違って強そうなのでMG-34ベースのでっかい銃を持たせたい。

しかしさっき書いた、シールを貼らなきゃな銃も捨てがたい。

グリップの形状を見るとMG-34/42がベースになっているとは思うのですが、なかなか「大筒」っぽくっていい。

これはやはり劇中のイメージ優先で。

これでデス・トルーパー自体が弱かった日には目も当てられませんな。

 

いつ作るの?

んで、いつ作ろう(笑)

予定では今週末、空くはずなんだよな。

でもこの時期は年賀状も書かなきゃだし。

仕事が少しずつ送れてきているのも気になるし。

日曜日、もし空いていたら作ろう。

おそらく映画の余韻で一気に作り上げそうな感じはするけども。

フォースと共にあらんことを!

スポンサードリンク