スポンサードリンク

こんにちは。マスター・テッドです。

今回はワールドコレクタブルフィギュアからデス・トルーパー・スペシャリストです。

 

今までに再三書いてますが、ワタクシはクレーンゲームが苦手。

そんなワタクシでも商品ゲットできていた博多駅某所。

最近設定が変わりましてなかなか取れづらくなってきた。

スポンサードリンク

このデス・トルーパー・スペシャリストも1000円くらいつっこみました。

いつもの場所、クレーンアームの保持力が弱くなったんですよね。

以前はがっしりホールドするから取れやすかったのにな。

 

とれたからいいけどもね!!

 

中身

これもよく出来ております。

たぶんこのイラストが基になっているポーズですね~。

両手ででハンドガンを構える、と。

ダイナミックさが足りないような気もしますが、気のせいでしょう。

まあ、デフォルメフィギュアだしね。

 

スポンサードリンク

グリーンの塗装部分もしっかり。

塗りにくそうだなあ。

 

ハンドガンや武装のモールドもいい。

デトネーターもしっかりと再現されております。

ピンボケでわかりづらいけども・・・・。

デジタルズームに頼りすぎてはいかんな。

 

後ろ姿もこの通り。

後頭部のモールドがいいなあ。

いちおうストームトルーパー直系!って感じがしていい。

 

ハンドガンを手にしてるから引っかけホルスターはからっぽという芸の細かさ。

こういうのがいいなあ。

 

しかし。

ワタクシ、劇場でローグ・ワンを数回見たにもかかわらずデス・トルーパー・スペシャリストがこの銃を撃つの、覚えてなくて。

もしかしてシタデル・タワーでの場面??

あ~とか情けない声出しながら落下してましたっけ。

ローグ・ワンのディスク、入手したら確認します。

スポンサードリンク