スポンサードリンク

こんにちは。マスター・テッドです。

とうとう、S.H.フィギュアーツに手を出してしまいました。

いや~、今まで無視し続けてきたんですよ。

だって、お高いじゃないですか!!

当ブログ、「プラモデル:○○以降の」、って記事がありますよね。

スポンサードリンク

それの元となっているバンダイからのメール、S.H.フィギュアーツの記載もあるんです。

今までい~な~と思いつつガン無視決め込んでいました。

今後は掲載していきますかね。

そして今回からはフィギュアカテゴリも追加!

メタコレ以外はフィギュアカテゴリに登録しますね。

 

ジャンゴ・フェット

というわけで記念すべき第1回はジャンゴ・フェット。

 

by カエレバ

 

パッケージ。

ジャンゴというと、すぐマカロニ・ウエスタンを思い浮かべてしまうのはワタクシが旧い人間だからでしょうか。

 

昼休みに徘徊してて、会社近くのブックオフで購入。

2000円弱ならいいかな、と。

程度も良かったし。

 

箱の裏。

なかなかよさげではないか・・・・・・。

いろんな装備がついているのね。

 

側面。

いい感じです。

このシリーズ、初めてなのですがきっと統一感のあるデザインなのでしょうねえ。

スポンサードリンク

 

箱から出してみた。

手首がたくさん~。

 

上方には2丁のブラスター・ピストルが。

2丁拳銃使い、というのも西部劇っぽくていい!

ええ、西部劇好きなんです。

 

ワイヤーに、

 

のこ刃。

ホントに全身に武器を仕込んでるんだなあと感心した装備。

 

 

さっきも書きましたが、手首がいっぱい。

いろんな表情がつけれるんですな。

 

パックから出してみた。

かっこいいじゃん!

エピソード2のポスターにあったポーズを意識。

 

アマゾンのレビューを観るとなるほどな、という面もあるのですが。

ジェットパックの出来とか。

しかし、ワタクシにとっては初めてのS.H.フィギュアーツ!

プラモデルと違い、かっちりしてるなという印象。

個体が良かったのか、しっかりポーズがつけれますよ。

 

アナキンらを処刑するために投入されたクリーチャーのリーク君に転がされた後のポーズ。

しっかりしゃがむことができますねえ。

 

そしてリーク君を仕留めるときのポーズ。

S.H.フィギュアーツ、おもろい!と興奮しながら撮ったので撮影ブースの青いとこが見えてダサい(笑)

撮り直しをしないのがワタクシのいいところ。

 

いやあ、S.H.フィギュアーツは食わず嫌いでした。

これはおもしろいですよ。

プラモデルと同じ1/12なので一緒に並べておくのも楽しい。

しかし、やはりいっぱい買うわけにはいかんなあ、新品の価格だと・・・・・・。

スポンサードリンク