こんにちは。マスター・テッドです。

タイ・ストライカー、こないだ塗装して仕上げましたよ。

 

前進あるのみ!

前回のタイ・アドバンストx1 & ファイター セットの時はマスキングに失敗しまして。

仕方なく「呼吸を止めて」マッキーペンにてパネル塗装を行ったのですが。

今回のタイ・ストライカーではちゃんとマスキングして塗りましたよ!。

マスキングはもともと得意ではないのですが、いつまでも苦手をそのままにしておく性格ではなく。

打倒!弱い自分自身!!

てなわけで早速細目のマスキングテープを購入。

うん、この価格なら小学生でも買えるはずだ。

今まではダイソーのでっかいマスキングテープを使っていたんですよねー。

それだと取り回しが悪くて。

 

今回の細い方が使いやすかった。

ま、作業途中に相変わらず数カ所はみ出たけどな!!

それでもある程度マスキング技術は向上!

前進だ!

というくらいでお許しください。また光を感じました。

 

タイ・ストライカーの塗装~!

塗装、といってもパネルくらいしか塗ってません(笑)

あとはスミイレですね。

スミイレに使った色はどっちかというと青。

黒ももちろん混ぜたのですが、塗り重ねるうちに青みがなくなって真っ黒に(笑)

ま、いいけどね~。

実物だともう少し青いです。

 

かっこいいではないか。

このソーラーパネル、なかなか攻めた形状しています。

 

後ろ姿はタイ・シリーズを踏襲。

なかなかいいですね。

シリーズのつながりを考えての事でしょう。

 

同スケール(であろう)タイ・アドバンストx1 & ファイター セットとの比較。

タイ・ストライカーのソーラーパネル、かなりでかいね!

ビークルモデルで出すとしたらセット物にはならないサイズですね。

そういえば、タイ・インターセプターってビークルモデルで出ないのかな・・・・・・。

 

タイ・ファイターとの大きさ比較。

若干、タイ・ストライカーのほうがコクピットまわりが小さい。

基本構成は同じなのですがね~。

 

羽根をはねあげたところ。

ええ、ダジャレです。

タイ・ボマーっぽさもあるんだよな。

ただ、このはねあげギミックは必要なの?

可変翼戦闘機っぽさを狙ったのだろうか。

 

写真ではすべてよけて撮っていますが、下部銃座が少しショートショットでした。

銃身の先端まで樹脂が流れていなかった。

ま、ちいさいからいいや~。

 

タイ・ストライカーについて

最初見たときはどうも好きになれなかったんですよ。

おい、ソーラーパネル形状だけかえればいいってもんじゃないぞ!!と。

しかしブルー中隊を全滅させたり主人公ジン・アーソをピンチに陥れたりと活躍はしてましたよね。

で、今回このプラモデルを作ってみて、あらためて形状に惚れ込んでしまいました。

このラインがまた素晴らしい!!

1/72のキットが欲しくなってしまいましたよ。

 

ん?Uウイング?

なんでしたっけ、それ・・・・。