塗装ブースの製作

こんにちは。マスター・テッドです。

エアブラシで塗装することになったら、ブースが必要かと。

そこで塗装ブースを作ってみました!

 

設計開始!

ワタクシの本職は機械設計士。

amazonの段ボール箱で、塗装ブースを作るのだ!!

スポンサードリンク

と意気込みまして、設計をはじめました。

 

ダイソーで買った、猫の爪とぎ。

これ、便利なんですよね。

これを2個、並んで入れられるような塗装ブースにしたい。

あと、蛍光スタンドの光がきっちり入るような高さに。

設計仕様的にはそんなもんかな?

 

ささっと3D-CADで書いてみるとこんな感じに。

うん、かっこいいのではないか。

が、しかし。

アジトにあるamazonの段ボール箱ではこのサイズの実現が難しい・・・・・・。

結構、アジトでは段ボール捨てちゃうんですよね。

 

ヨドバシの箱

アジトにはあんまり段ボールがない。

探し回ってみると。

けれども、ヨドバシの箱があった。

ぱっと見、良さげ!

高さも申し分ない。

 

しかし、先の猫の爪とぎは写真のように少し長いので、ある程度短くしないと入らない。

スポンサードリンク

ま、それくらいならいいか。

 

というわけで図面も書かずにカット。

いや、さっき書いてた形状の寸法は反映しましたよ。

まだ頭に寸法値が入ってたから金尺でさっと書いて。

箱のサイズを基本にして、ささっとカッターで切って。

 

アルミテープで補強入れて、完成!

アメリカ人はダクトテープが大好きのようですが、ワタクシはアルミテープが大好きです。

カンタンにできました。

かなり満足!

 

排気は?

有機溶剤系では排気、重要ですよね。

パソコンとかの120mmファンもつけようかとも思ったのですが。

ワタクシ、有機溶剤系の塗料は使わないつもりだし、塗装時間もそんなに長くはないでしょう。

そうそうでっかいスター・ウォーズのプラモデル、作る予定がありませんからね~。

ならばまだ排気に関しては考えなくていいかな~。

なんていいつつ、エアブラシ塗装をはじめたらこの箱では物足りなくて市販の塗装ブースをすぐ買ったりして!

ま、エアブラシ塗装始めてから悩むことにしますよ。

あんまりスター・ウォーズと関係ない話だったな・・・・。

スポンサードリンク

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)

このページの先頭へ