スポンサードリンク

こんにちは。マスター・テッドです。

話題がBB-8のほうに行きがちなのですが、ワタクシが超楽しみにしていたのはこちら。

ビークルモデル 008 、AT-ST & スノースピーダーです。

BB-8を買ったとき、隣に居たのですが既に予約注文してまして。

店頭では購入見送り。

スポンサードリンク

家に帰ったら届いてました。

 

何がいいかって

・AT-STは初の帝国の逆襲版

AT-ATと同スケール

ってことですよね。

ええ、AT-ATを作る余裕すらないのですがね。

 

by カエレバ

 

外箱

いつものように外箱から。

ビークルモデルは箱絵も毎度毎度いいですね。

AT-STとスノースピーダー、向きが逆のところがいい!

AT-STもスノースピーダーも劇中でこんなシーンあったよな~ってビュー。

これでけで作りたい!という意欲がわいてきます。

 

説明もしっかり!

ちゃんと2機とも言及してます。

 

おなじみ、マーク位置。

AT-STはこんなところにマークあったのか。

知らなかった~~!

 

こっちはスノースピーダーの面。

反対側はAT-STの面です。

それにしても、ビークルモデルももう8機種目か~。

そろそろシリーズ開始後1年。

2ヶ月に1個以上出たんだな。

 

箱を開けた状態。

そして

おなじみ、裏箱設計図!

 

中身

では中身を見ていきましょう。

ビークルモデルなので、いつものように1袋のみ。

 

スポンサードリンク

ランナーは5つ。

A1、2がスノースピーダー。A3、4がAT-STです。

タブがスノースピーダーは上、AT-STは下になってるのがおもしろい。

あとは飾り台とシールが同梱。

 

A1パーツ。

スノースピーダーのアウトライン、いいなあ。

ここのディテールもいいなあ。

上下抜きのみで作られていますよ。

これも上下抜きのみっぽい。

スライドが構成できないようなランナー位置ですからね。

それにしてもこれをちゃんと成型する技術は凄い。

 

A2パーツ。

機体下部と後部。

後部パーツもかっこいいねえ~~。

 

A3パーツ。

AT-STのメイン部。

ここのモールド、いいすねえ。

ハッチ部は開けたいけれどもホスでは開けていなかったのでこのまま作るか。

 

A4パーツ。

これもいいなあ。

上部のてすりはそのままで!

取っ払って真鍮棒で作り直すような腕は持ち合わせておりません!

足の成形もいいですねえ。

これはスライド無いと成形できないすよね??

 

エフトイズ製のAT-STと並べてみた。

一緒くらい??

帝国の逆襲版とジェダイの帰還版では頭部のサイズ気になりますからね。

同一スケールなのかなあ?

 

いつ作る??

当分先!

これの前にAT-ATBB-8作りたいし。

相当先になりそうですがよろしくお願いします。

それにしてもこのサイズ差よ・・・・。

スポンサードリンク