Xウイング・ファイター レジスタンス仕様(1/72) 製作記

こんにちは。マスター・テッドです。

久々にプラモデル。

仕事が大量!なのは変わらないのですが、ゆうべ2時間ちょい空き時間ができたため急いで作りました。

目がよく見えないまま作ったので塗料の拭き取りとかが甘いですが、晴れた日の昼間にでもリメイクします(笑)

 

Xウイング・ファイター レジスタンス仕様

これ、けっこう前に買いましたねえ。

スポンサードリンク

レビューすらあげていない。

で、4月くらいにゴソゴソ作り始めたんです。

シールの箇所が多いですからね・・・・。

あ、結局は全部貼ってない(笑)今思い出したよ・・・・・・。

で、半分くらい組み立てたところで今やってる仕事を受注。

そこで中断していたわけです。

by カエレバ

 

でもね。このキットはなかなかいい。

パーツ割りとか、非常によく考えられてました。

久々に作る楽しみを味わえましたぜ。

もう色なんて塗らなくてもいいじゃん?って思えるほど(笑)

 

一気に塗装!

塗らないといかんかな、やっぱり・・・・・・。

今回はささっとシールを貼って、汚し塗装にいつものアクリル塗料を使いました。

ま、いつも通りですね。

小学生にもやさしいぜ!

すぐ完成するしね。

このダイソーで買ってきた絵の具を半分くらい薄めて使うのですが。

ダークグレーと書いている割に普通のグレー(笑)

むしろ薄いグレーだと思うんだよなあ。

あ、製作中の写真撮っていない!!

 

薄めたグレー全体に塗って、スポンジでさっと拭き取り。

それを何度か繰り返します。

 

スポンサードリンク

するとこんなカンジに。

写真だと拭き残しがよくわかります(笑)

薄いグレーですが、繰り返して塗ると結構濃くなってきます。

あ、一部先のグレーに黒を混ぜて塗ったところもあり。

スミイレ、というよりは汚れていく過程でモールド部に塗料が入っちゃった!というノリで(笑)

 

パイロットとBB-8は、水性色鉛筆で仕上げ。

トップコート吹いていないのですぐ色が剥げます(笑)

さらにBB-8のアンテナが折れた・・・・・。

そのうちランナーを加工して瞬間接着剤でつけよう・・・・・。

インレットのグリル?ベゼル?にはアクリルの銀でドライブラシ。

その上から黒パステルでススっぽく。

 

あっはっは!

この角度からと拭き残しがハッキリわかるなあ。

拭き取りには綿棒も使用。

スジ状になるのを意識していましたがあと一歩及ばず。

エンジンノズルはガンメタルのペイントマーカーで塗った後、黒パステルでススっぽく。

メカ部は銀でドライブラシも忘れずに。

 

T-70型Xウイングはインレット部の形状がいいですねえ。

キャノピーが長いところも好き。

 

うん、やはりこのインレットですよ!

ラルフ・マクウォーリーのイラストに忠実!!

最初はちょっと抵抗感あったんですよね。

T-65に慣れ親しんでだから。

T-70もいいな、なかなか。

 

今後は?

拭き残しのリメイクをします(笑)

あと、BB-8のアンテナもね。

 

今までバンダイのプラモデルはAウイングしか居なかったアジト棚の反乱軍コーナーも少しにぎやかになりました。

 

今回の反省を生かし、ポー・ダメロン機も作りたくなってきたぞ。

やっぱりプラモデル、好き。

でもね、また今日から仕事がたくさん・・・・。

はよなんとかしたい・・・・・。

スポンサードリンク

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)

このページの先頭へ