スポンサードリンク

こんにちは。マスター・テッドです。

なんだか久々にプラモデル買ったような気がする。

気のせいかな・・・・・・。

あ、こないだポー・ダメロンのXウイング買ってるか(笑)

スポンサードリンク

気のせいだった模様。

今回はジオノーシスカラーのバトル・ドロイドです!

バトル・ドロイドはSTAPとセットで出ていましたが、ワタクシSTAPは別に作りたくなかったもので・・・・・。

今回のセットはとってもありがたい!!

 

by カエレバ

 

 

プレミアムバンダイなので・・・。

いつもの開封レビューだと、外箱の紹介からするのですが。

しかし今回紹介しておりますこのバトル・ドロイド、プレミアムバンダイのやつなんですよね。

よって、外箱は白黒2色でほぼ文字のみ。

まあ、これはこれで・・・・・・。

 

中身

早速開封していきましょう。

スポンサードリンク

同じ袋が2つと、飾り台が1セット。

合計3袋です。

 

前回のダース・ベイダー(ホログラムVer.)と違い、説明書は独自のもの。

これには少し驚きました。

 

ではAパーツから。

Aパーツは胴体周り。

バンダイお得意の多色成型も炸裂!

 

顔の部分。

いい感じですねえ。

よく出来ております。

 

でもこの色、結構ウェルドラインが目立ちます。

流れにくいのかなあ。

 

最近のバンダイには珍しく、胴体パーツにヒケが。

何枚か撮ってようやく判別できるようになった(笑)

左胸のあたりに凹みがありますよね。

反対側は丸の突起があるのでそのせいかと。

これ、悩ましいですね。

パテでしっかりヒケを埋めるか。

お手軽モデリングで無視して進めるか。

まあ、2体入っているから1体はどノーマルでもいいのかもしれませんねえ。

 

Bパーツ。

最初このランナーを見たとき、「手足は固定なの?」と混乱してしまいました。

なんとこれ、性質の異なる樹脂を1つの金型で成形して、関節の可動が出来るんですねえ。

多足成形ならぬ多質成形、とでも言うべきか、

ガンプラで見たことがあります。

このおかげで部品点数がめっちゃ減っていますね~。

型傷が多いのが少し気になるけども・・・・・・。

 

いつ作る?

これ、先ほども書きましたが部品点数が少ないので素組レベルのを1個作ろうかな。

ささっと出来そうです。

塗装やヒケはそのあと考えてもよかろう・・・・・・。

スポンサードリンク