こんにちは。マスター・テッドです。

ブラックシリーズ6インチフィギュアもローグ・ワンへ。

フォースの覚醒の商品が安く出回っていますが、ローグ・ワンの商品もお安くなって参りました。

とはいえ2000円弱なんだけどもね。

さすがにフィンの300円というのは強烈ですがねえ!

今回はデス・トルーパーです!です!(しつこい)

スター・ウォーズ世界の可能性を拡げてくれたローグ・ワンに感謝!

 

デス・トルーパー

ローグ・ワンの顔、でしたね。

商品パッケージには必ず彼がいましたし。

黒くてカッコイイ、しかもグリーンのアクセントがなんともよくて。

が、映画本編ではそこまで目立った活躍はせず。

もちろん他のトルーパー達に比べると登場時間も長かったし、そこそこ戦果も上げているのですが。

でもねえ。なんか地味なんだよな。

きっと、あの何言ってるかわからない音声のせいじゃないかな、とワタクシは分析しておりますが。

 

by カエレバ

 

 

パッケージ

いつものブラックシリーズ6インチフィギュアなパッケージ。

デス・トルーパーは手足が長いのでひょろっと見えますね。

ブラスターが別置きなのもとてもいい!

 

素晴らしいイラスト!

フォースの覚醒のときよりもいい絵なんじゃないでしょうか。

 

コンプリートはしないけど、25番。

参考までに。

 

中身

箱から出してみました。

ホント、ひょろっとしてますねえ。

通常のストームトルーパーよりも大柄ですからねえ。

比較用に、S.H.フィギュアーツのストームトルーパー欲しい・・・・・・。

 

後ろ姿。

ストームトルーパーと同じようなデザインなんだけれども、ストームトルーパーに感じる悲哀は皆無。

黒いからかなあ。

 

顔はよく作られています。

いい面構え、ですな!!

 

胴体にも可動関節があります。

最初箱から出したとき、猫背気味だなあと思ったのですが。

しっかり矯正できましたよ。

左腕の棒はなんなのさ??

 

写真が下手で申しわけありませんが。

胴体にはヨゴシ塗装が若干入っています。

銀のペイントマーカーをかすらせたようなカンジ!

 

脇のバックル部もしっかり塗ってあって感心!

しかし、ホルスターの使い方がわからん・・・・・。

 

これでいいのかな?

SE-14rブラスター、なんだかしっくりきません。

 

付属の武装品をセット。

そうそう、足首はグレーなんですね。

 

以前作ったバンダイの1/12プラモデルとの比較。

バンダイのは足首黒いね。

 

付属のE-11Dブラスター、なんだかモールドが甘いな・・・・・。

 

それと比べて、バンダイの1/12はしっかり出来てます。

そりゃそうか、インジェクション成形の質が・・・・。

 

そういえばバンダイの1/12で使ってない、DLT-19似の重ブラスター・ライフルが余ってるぞ。

持たせてみるけどイマイチしっくりこないなあ。

 

ではバンダイの1/12のE-11Dブラスターならどうか。

おお!しっくりくる!!

いいじゃん、これ。

 

プラモのデス・トルーパー スペシャリストのほうにでっかい長距離用ライフルもたせとけばいいんだよね。

うんうん、これで飾ることにしよう!

 

そうそう、可動に関して書いてなかった。

足はこのように正座することが可能。

肘がもっと曲がってくれればねえ。

ひじも2重関節にしてくれないかなあ。

 

しかし、お手軽にカッコいいデス・トルーパーをゲットできるのはいいことです。

プラモデル作るのがおっくう、と言う人にはお勧めですね。

銃器は仕方ないにしても本体のモールドと塗装、頑張ってますからね!