スポンサードリンク

こんにちは。マスター・テッドです。

長崎に帰省して参りました。

暑い!福岡より暑いような気がする・・・・・・。

涼を求めて惑星ホスへ。スノートルーパーのご紹介です。

前回前々回とスノートルーパーは取り上げていましたが、それはファースト・オーダーのもので。

スポンサードリンク

今回は帝国軍所属です。

ファースト・オーダー版との違いも含め、見ていきましょう。

 

by カエレバ

 

 

スノートルーパー

そうそう、スノートルーパーって今までフィギュア持ってないと思っていたのですが。

ホスの戦いレベルベースに入ってるハズですね。

小さくてよくわかりませんでしたが。

スノートルーパー、帝国の逆襲公開当時はストームトルーパーがなんかフードかぶってるだけ、くらいにしか思ってなかったんですよね。

だからありがたみもわからなかったのです(笑)

ジョージ・ルーカスの毎回新キャラ、新メカを出すという考えはマーチャンダイジングのため、なのでしょうけれど。

出てくる新キャラ、新メカ、新惑星が強烈ですもんね。

特にこの帝国の逆襲という映画は気合いも入りまくりで。

リアルタイムで傑作が観れて良かったなあと。

あ、そうそう、スノートルーパーの話だった。

重火器まで持ち出そうとしたのにミレニアム・ファルコンの機銃でアッサリとやられまくった彼ら。

なんともトルーパー系の悲哀がにじみ出ておりました。

が、ホス基地内で身軽にピョン!と飛ぶ姿は可愛かった(笑)

ウサギか、ってね。

 

パッケージ

てなわけっで外箱から。

よかった。

ちゃんと銃が別でパックされている。

 

イラストはいいですね。

やはりこういうキャラクターは描きやすいのかな。

 

コンプリートする気はもう無いのですが、35番。

一応ね。

 

この銃、かっこいいなあ。

DLT-20Aってやつですね。

パックの状態で銃を持たせておくと変形しちゃうので別パックは本当にありがたい。

前回のストック、曲がったままですよ。

 

中身

あけてみましょう~。

スポンサードリンク

基本色はベージュなんだな。

純白かと思ってました。

帝国の逆襲を見返すとここまでベージュじゃないような気がするんだよね。

 

胸の形状。どこかで見たことあるな~と。

 

そう、このキャラでした。

K-2SO、というかセキュリティ・ドロイドのほうが起伏が激しいですね。

 

バックパック。

意外とカラフルだな。

ちゃんと上下気にしてつけてます。

スカート?の質感は素晴らしいです。

これなかホッカホカだろう~。

 

足下はなんとも実用的!!

これなら寒くなさそうですね。

滑り止め対策もできていそうです。

 

前回の、ファースト・オーダーオフィサーと。

ファースト・オーダーのはつるんとしていますねえ。

 

バックパックも帝国軍のやつのほうが複雑な形状。

あれ、帝国のにはデトネーターも腰についてたのか。

 

銃。

E-11ブラスターと、DLT-20Aレーザー・ライフルが付属。

DLT-20Aのほうはなかなかメタリックなヨゴシも入っていますね。

 

E-11を持たせました。

うん、こっちがよく見るな。

 

DLT-20A。

でかいな。

個人的にはこちらの方が好き!!

ちなみにIG-88もDLT-20Aを使ってましたね。

 

ベージュ部分が若干気になりますが、いいフィギュアです。

ウチのコレクション棚へ仲間入り~。

スポンサードリンク