スポンサードリンク

こんにちは。マスター・テッドです。

ここのブログでもよくプラモデルの紹介をしております。

で、購入者についてまわる悩みが、プラモデルを作った後の「箱」かと。

あっさり捨てる方もいらっしゃると思うのですが、ワタクシ、捨てれないほうなんですよ。

スポンサードリンク

空気くらいしか入っていない空箱に不動産代払ってるわけではないのですが。

やはり、ボックスアート(箱絵)の存在はでかいな、と。

美麗なボックスアート、眺めてるだけで創造力がかき立てられますし。

捨てるには惜しい、のですよ。

 

ボックスアートカードパック

バンダイさんがボックスアートカードパックのプレゼントキャンペーンをやってまして。

なくなり次第終了、ということですが。

ワタクシ、amazonとかヨドバシカメラの通販を使うことが多いのでこのパック、ゲットできずにいたんですよね。

今回会社近くの模型屋さんでプラモデルを購入しましたのでやっとゲット!

 

中身

2種類のみ、ゲットでした。

反乱軍ビークルパックと、ドロイドパック。

BB-8&R2-D2のところに100円玉を置いたので、サイズ確認はできるかと。

 

裏面もいいね。

ってか、裏面の情報量がなんともいい!!

実際のサイズはこんな感じ。

1/72Xウイングとの比較です。

やっぱりプラモデルの方が大きくていいなあ・・・・・。

 

結局箱をどうするか。

ボックスアートカードパックは一つの解決策ですよね。

コンパクトで場所をとらないし。

場所、で考えるのならデジタルデータがいいですよねえ。

スポンサードリンク

モニタの設定などによっては色味が違って見えるかも知れませんが。

今使ってるモニタはプラモデルの箱よりも大きいから見やすいかも。

それが完璧な解決策!とは思わないけど、バンダイさん、元データの提供とかしてくれないかなあ。

もちろん有料でいいかと。

そしたら手持ち分は全部購入するなあ。

プラモデルにボックスアートダウンロード用のURLとか入ってるともっといいんだけどなあ。

なんとかしていただきたく。

とりあえずは箱、バラしてファイル化していくしかないかなあ。

でないと狭いアジトがますます狭くなっていきます。

1/2BB-8なり、1/72ミレニアム・ファルコンなりの箱にバラした箱を入れていく、ってのがいいな。

あ、そしたらどっちか早く作らねば!

 

蛇足

ボックスアートカードパックをゲットするために買ったのは下の2つ。

スノースピーダーは持ってなかったので。

Uウイングのセットはおかわり。

こないだ箱をひっくり返して、仮組してたUウイングの部品がとんでいっちゃって。

それで2つめゲット、と。

 

だって半額だったんだもん。

すっげえうれしかった!!

 

さらに蛇足で、スノースピーダーのセットのほうはヨドバシカメラで購入。

店舗では2600円くらいの値札がついていましたが、レジにもって行くと980円でした。

これ、ヨドバシ・ドット・コムでの価格に合わせるから、って店員さんおっしゃってました。

去年買って、なかなか紹介できなかったからついでに(笑)

今年もいい買い物をしていきたいのだ。

あ、もちろん製作もしますよ!

スポンサードリンク