こんにちは。マスター・テッドです。

去年発表されていたビークルマグネットのシリーズ。

ちょっと価格的にネックだな~って思っていました。

でも、そこまで高い!!ってほどでもなく。

盟友IMさんとヨドバシカメラにいったとき、売っていたのでゲットしました。

ポイント残高で買えたくらい。

思ったよりも安かった、かな。

 

パッケージ

パッケージから見ていきましょう。

ちょっとくらかったな。

精巧なフォルムの、という表現すき。

 

あ~、たしかに冷蔵庫とかに貼るのはいいのかもしれませんね。

アジトの冷蔵庫では邪魔になるのでつけませんが・・・・・。

 

よくよく見ると、エフトイズって書いてる。

そう、このスター・デストロイヤーのモールド、どこかで見たことあると思ったんですよ。

以前のビークルコレクションの金型を使ったのかなあ?

 

箱の内側にははハイパースペース・ジャンプっぽい絵柄が。

こういうの、大好きなんだよな~。

一手間かかりますもんね。

 

by カエレバ

 

 

中身

早速開封。

素晴らしいフォルムですねえ。

このデザインには惚れ惚れしちゃいます。

 

100円玉との比較。

ちっこいものですよね。

 

特徴的なモールド。

これ、黒でスミイレすると一気に汚くなりそう(笑)

薄めのグレーでやるべきだな。

今回はやんないけど。

 

艦橋部もがんばってますなあ。

シールド発生装置はちょっと残念だけども。

 

船体中央くらいにピントあわせてみた。

スター・デストロイヤーはかっこいいわあ・・・・・。

 

底面。

なんと、マグネット付き台座は本体に固定されていました。

そうね、ここがポロポロ外れてたら文具としてどうかと思うぞ!

 

台座付近のアップ。

なんかすごいモールドだなあ。

 

ドッキング・ベイもいい感じ。

でもまわりのモールドが激しく自己主張してる(笑)

 

バンダイのビークルモデル(右)と。

ほぼ一緒のサイズだったのね。

 

側面はバンダイ(右)の圧勝ですね。

後発だし、組立をユーザーが行うインジェクションモデルだからってのもありますかね。

しかも恐ろしいことに、バンダイのはビークルマグネットの半額くらいで買えちゃうという・・・・・。

 

by カエレバ

 

 

でも、船体のバランスがいいよなあ。

比率的にはこのビークルマグネットの方が好きかな。

こうやってアジトに飾ってると、なんとも幸せな気分になります。