ビークルモデル012 AT-M6 開封レビュー

スポンサードリンク

こんにちは。マスター・テッドです。

これもリアルタイム性のない記事になってしまいました。

このAT-M6、発売日には届いていたのですが。

仕事が忙しかったりしたので手元にはついこないだキタばかりで。

スポンサードリンク

以前のように発売日に即レビュー!とかできるといいのですがね。

どうも2月、3月というのは毎年忙しくていけねえや。

 

AT-M6

M6はメガキャリバー6、ってことだそうで。

背中のでっかい砲塔のことを言うんだな。

このAT-M6、相当強い兵器ですよねえ。

いつもボコボコにやられるファースト・オーダーの量産兵器なのに最後のジェダイでは無傷!!

ホスでのAT-ATのように倒されることもなく、エンドアでのAT-STのように転がされるでもなく。

レジスタンスはこのAT-M6に近寄ることすら出来なかったですもんね。

そういう意味では残念な兵器だな。

敵キャラの兵器なんて、やられてナンボ!でしょうに。

 

by カエレバ

 

 

パッケージ

いつものように外箱から。

クレイト上を進軍するAT-M6。

赤い砂塵がなんともいいですね。

AT-ATがちらっと見えてればもっと良かったのに。

 

今回はシールがないため側面には前作のXウイング・ファイターが。

シール無しはスター・デストロイヤー以来ですねえ。

 

スポンサードリンク

コッチ面にはいつものように何もなし。

最後のジェダイの、赤いロゴが目立ちます。

 

中身

早速開けてみましょう。

いつもの通り、箱裏には組立書が。

部品点数、少ないからなんとか見えますな。

 

いつもの通り、1袋。

成形色が劇中イメージより濃い気がする。

 

ランナーは4組。

 

A1パーツ。

首の部品が、AT-ATのデザインを踏襲していていいなあ。

 

A2パーツ。

後脚ですねえ。

頭部デザインも好きかも。

 

A3パーツ。

胴体パーツ。

17番。

AT-ATやAT-ACTのように、Sd.Kfz.222っぽいのが居るのがわかりますね!

この部品、AT-ATについてるものと同一だったらスケール感がよくわかるけど。

どうなんだろ。

 

A4パーツは前脚。

ごっついよなあ。

 

いつ作る?

いつかなあ。

パチ組くらいはしたいけれども。

この時期はとにかくバタバタなんですよねえ。

数年前はよくプラモ作る余裕あったなあと思う。

それだけ忙しくなってきているって事か。

ものだけが増殖していくという・・・・・。

 

それにしても。

最後のジェダイ登場のビークル、これで最後かな?

焼き直しのミレニアム・ファルコンとXウイング・ファイターしか出なかったなあ。

タイ・サイレンサーも出ないのだろうか。

ローグ・ワンではタイ・ストライカーとか出たのにねえ。

あんまり人気無いんだろか?最後のジェダイ。

スポンサードリンク

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)

このページの先頭へ