ビークルモデル012 AT-M6 さくっと作った!

スポンサードリンク

こんにちは。マスター・テッドです。

昨日の土曜日。

体調もよろしくなく、お仕事も大量にございまして。

しかしふらっと魔が差して、ビークルモデルのAT-M6を作ってしまいました(笑)

スポンサードリンク

まあ、2時間もあれば終わるだろ?と思っていたのですが(笑)

塗料の乾燥待ちとかで、3時間近く使ってしまった・・・・・・。

ええと、遅れた分の仕事はどうすればいいんだっけ・・・・・・。

 

AT-M6

開封レビューのほうでも書いていますがワタクシ、あんまりAT-M6って好きじゃなかったんですよ。

だって強すぎるし。

しっかりやられてくれればちょっとは好感度持てたのにな。

が。

今回このビークルモデルを作って、考えを改めました。

これ、かっこいいんじゃないの??

モールド、というかディテールがいかにもスター・ウォーズぽいし。

頭部のバランスもいい。

ケーブル対策?の前足もなかなかいいではないか。

これ、もう少し大きいキットが欲しいぞ!

ドイツのレベルが出してたな・・・・・・・。

 

by カエレバ

 

でも今回のビークルモデルのバランスの方が好きだな。

 

製作

製作はドノーマルで。

普通に短時間で組み上がります。

今度作るときは最低でも砲身に穴を開けたい。

だってお酒飲んだ翌日で、手が震えてたんだもん(言い訳)。

あと脚の角度に表情をつけたり、とやりたいことはいくつかあります。

予備であと2個はストックがあるし、出たばかりのキットで入手性も良さそうだから改造記事がそのうちあがるかも??

 

塗装

今回は重厚感が欲しかったので黒立ち上げを行いました。

水性のアクリジョンをささっと拭いて、ドライヤーで強制乾燥!!

その後、いつものダイソーアクリル絵の具を(笑)

ええ、小中学生にやさしいというコンセプトは健在です。

エアブラシは使っちゃってるけどさ・・・・・・。

これをテキトーに配合しまして、ソルベントで相当薄めてからエアブラシ。

ニードルはだいぶ絞ったかな。

 

by カエレバ

 

スポンサードリンク

他にも数枚撮っていましたが、恐ろしいレベルのピンボケだったので破棄(笑)

こいつの乾燥に思ったより時間がかかってしまった。

最後は強制ドライヤー乾燥しましたが(笑)

 

つぎにささっとウォッシング!

同じくお馴染みダイソーの塗料(笑)

黒はアクリル絵の具でなく、普通の水性絵の具。

これをソルベントでなく水でかな~り薄めまして。

どばっと塗って、余分な塗料をティッシュや綿棒で拭き取り。

今回拭き取りのとき、相当毛羽立ったので拭き取るモノは見直しが必要ですな。

ティッシュよりも我々エンジニアが工場や設備でいつもお世話になっているキムワイプがいい、とも聞きますが。

 

足回りにはパステルでクレイトの赤みを。

数色、茶こしで粉にして塗りたくりましたが・・・・・・。

おいっ!!

これはピンクではないのか(笑)

もっと血のような、クレイトの赤を目指してたのですがねえ・・・・・・。

まあいいや・・・・・・。

 

「目」の部分はファーバーカステルの色鉛筆をかな~りとがらせて塗り塗り。

周りに変な突起がついてますが、色鉛筆のリカバリ跡です(笑)

写真で初めて気づいたよ・・・・・・・。

カメラは正直だわ~~

 

てなわけで、さくっと完成!

頭部のバランス、いいですよねえ。

AT-STにも通じるような形状だし。

首のガード(?)形状もお気に入り。

 

コチラの面には前足の雨よけ?がついています。

いや~、こういうデザイン大好き!!

 

おしりの形状も好き、

AT-ATの形状を踏襲してるのは偉い!

 

それにしても背負ってるタンク、なんなんでしょうねえ。

予備バッテリーとか??

これを狙われたらよろしくないのでは??

 

こうして見ると胴体の面構造もいいですねえ。

お尻の角度の付き方が案外思い切りがいい。

 

てなわけで、久々にプラモ作りました。

2017年の6月に、1/12 ダース・ベイダー(ホログラムVer.)を作って以来ですよ。

やっぱり楽しいな。

今年はたくさんプラモ作るのだ!

あ、その前に仕事しなきゃ・・・・・・。

スポンサードリンク

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)

このページの先頭へ