こんにちは。マスター・テッドです。

今回はローズについて。

このブログでも何度か書いたかな?

ワタクシはローズというキャラがあんまり好きではなく。

最後のジェダイを観に劇場へあんまり行かなかったのもそのせいかな?

なんかね、必要じゃないキャラのように思えて。

それでもね、キライだ!辞めさせろ!なんてことはしないのですよ。

 

ケリー・マリー・トラン

エピソード8 最後のジェダイでローズ・ティコを演じたケリー・マリー・トラン。

ファンからの嫌がらせで、かどうかはわかりませんがInstagramの記事を全削除したとのこと。

削除の原因がファンからの嫌がらせかどうかは不明なんですがね。

しかしながら、ファンから嫌がらせがあったというのは事実で。

ルーク役のマーク・ハミルも「マニア達、いい加減にしろ」って投稿を上げていましたし。

ヘイトをまき散らすマニアが多いのでしょうね・・・・・。

 

ってかさ。

俳優さんと、映画での役を分けて考えることがなぜ出来ないのかね・・・・・。

ローズが嫌いだからって、実際の俳優さんを攻撃する理由、何があるのだろう。

そりゃワタクシだって、ローズは好きではないですよ。

でも飲み屋さんとかでケリー・マリー・トラン本人がいたら、絶対に話しかけると思う。友好的にね。

彼女、素ではめっちゃ楽しい人そうじゃん!

 

ジャー・ジャー・ビンクスのときも「死ねジャー・ジャー」なんてサイトがありましたよねえ。

ホントアメリカ人ってハッキリしてるわあ。

でもなあ、CGキャラクターと違ってケリー・マリー・トランは生身の人間ですよ。

 

俳優さんを攻撃してどうなるってんだろう。

なんのために攻撃するのかねえ。

自己満足?世界を変えるため?

最後のジェダイはもう公開されたからなんにも変わらないよ。

多様性を認めないんだなあ、あっちのファンって。

全員白人ならよかったのかね??

そういうのと同一視されたくないわ~~。

 

日本でも

「スター・ウォーズファンには悪い人はいない」って聞いたことあるのですが。

そうでもないよな。

日本でもものすごいですもん。

福岡では有名な嘘吐き毒婦や、地頭の悪い奴だったり。

スター・ウォーズ愛がそんなにないのに、ファッションのためというか。

とりあえずのっかってればみんなにチヤホヤされるから!って人も多いです。

かまってちゃん、って言葉を使う率が異様に高い。

誰か/部を独り占めしようとしたりね。

スター・ウォーズありきで会話ができないんだよねえ。

まあ、それも多様性だろうから全否定はしないけども。

スター・ウォーズ愛って大事よ、うん。

コスプレの人に散見されまくる異常な自己愛よりもさ。

 

ローズ・ティコ

というわけで、ローズは好きではないけれどケリー・マリー・トランを応援!

ローズのフィギュア買いました。

トイセルタウンで安かったんだもん。

ローズ・ティコ

よく出来てるのでは。

 

ローズ

ビリビリ棒も付属。

 

ローズ・ティコ

やたらでかく感じるブラスターライフル。

 

ローズ・ティコ

ホントねえ。

ウザいファンばかりだったら昔みたいに大勢で集まったりするの、辞めようかと思ってます。

パダワン・モモと、福岡メンバーだけでいいよ。

昔みたいにひとりで楽しむことも出来ますからね!