スポンサードリンク

こんにちは。マスター・テッドです。

今回はローグ・ワンで活躍しましたインペリアル・カーゴ・シャトル SW-0608です。

これ、ブラックシリーズのダイキャストビークルなのですが。

購入したのは今年の6月11日。

スポンサードリンク

だいぶ日が空いちゃいましたね。

未開封だった時期のほうが長いのですが。

でも、決して気に入らなかったわけではないのですよ。

むしろ逆で。

そのちょっと前に買ったスター・デストロイヤーよりは満足度高かった!

 

SW-0608

0608って、結局何だったのだろう。

ギャレス・エドワーズ監督の誕生日なんじゃないか?って思っていましたが実際の所どうなのでしょうね。

 

ローグ・ワンから概念的にカーゴコンテナはオレンジ、という図式が出来上がりましたね。

出来上がりましたね、なんて書いていますが登場するのはローグ・ワンのみ(笑)

でもこのカーゴシャトル、AT-ACT、その他スカリフにあったコンテナはぜ~んぶオレンジでしたねえ。

この設定、悪くないと思います。

同じスピンオフの「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」でもこの設定を踏襲して欲しかった!

ただ、ヴァンドアの大列車・コンヴェイエクスのコンテナが全部オレンジだったらかっこ悪かったかもしれない・・・・・・。

 

パッケージ

いつものように外箱から。

SW-0608

いつも思うのだけれども、チタニウムシリーズって書いてますやん。

でも上にはブラックシリーズって書いてるんですよねえ。

どっちなの??

 

SW-0608

番号は31。

このシリーズも相当数出ているのだなあ。

 

SW-0608

裏面。

シンプルながらも必要な情報はわかりますな。

 

SW-0608

反対側の側面。

こっちの面にある、3面図が大好き。

これのDXFデータ、ないかなあ。

 

by カエレバ

 

 

中身

早速中身をば。

スポンサードリンク

SW-0608

パネルの塗り分けがいいですねえ!

塗装剥げもいい感じ。

 

SW-0608

このインペリアル・カーゴ・シャトルは他に製品出てないんですよねえ。

レゴにもないのかな?

まあ、このシリーズのこの商品が貴重っていえば貴重ですね。

 

SW-0608

下面。

コンテナに脚が見えますね・・・・・。

あと、今回写真を取り損ねたのですが。

機首のところにある昇降口。

これ、パカッと開きます。

 

SW-0608

コンテナから生える脚。

実際はコンテナから生えちゃマズイっしょ。

 

SW-0608

飾り台にとりつけた。

う~む、かなりいいねえ。

 

SW-0608

飛行姿勢。

こういう風に羽根を拡げるのもいいですなあ。

収納状態とどっちで飾るか悩ましいところです。

 

SW-0608

後部。

ノズルの青い光がスター・ウォーズ世界!って感じで好き。

ミレニアム・ファルコンも青いもんね。

 

SW-0608

てなわけで飾ります。

結局収納状態で飾ることにしました。

劇中も収納状態の方が長い時間写ってたし。

いや~、これは買って良かった。

600円だったけどね。

すっげえ満足!

 

スポンサードリンク