こんにちは。マスター・テッドです。

いやあ~、なかなか仕事が捌けない。

ホントは毎日でもブログ更新続けたいのだけれどもなあ。

なかなかうまくいかんもんです。

今回は主役であるルーク・スカイウォーカーのご紹介。

あ、フォースの覚醒や最後のジェダイってルークが主役だっけ?

なんか違うような気がしてきたぞ!

まあ、主役はレイなんだったなあ。

 

ルーク・スカイウォーカー

先述のとおり、スター・ウォーズの主役なわけですよ。

そのルークが「ワタクシ的には」不本意な経緯で退場してしまったのは悲しいですねえ。

エピソード9のキャストにはマーク・ハミルの名前も上がってますからまだまだ活躍してくれるのでしょうけれども。

 

じゃあどうすれば最後のジェダイでルークは活き活きとしたのか。

これ、案外難しいですよね。

なんでフォースの覚醒の前の時点で隠遁生活に入ったのか。

このへん、自分なりにストーリー練ってみようとするのですか結局は最後のジェダイと似た展開になっちゃうんだよなあ。

もっと斬新なストーリーを作れれば楽しいのだけれども。

 

パッケージ

いつものように外箱から。

ルーク・スカイウォーカー

はい、いつものブラックシリーズ。

これだ!って気がして嬉しいですね。

 

ルーク・スカイウォーカー

イラスト、やさぐれてますねえ。

飲み屋でこういう人に出会ったらなるべく見ないようにします。

目が合うなんてもってのほか。

 

ルーク・スカイウォーカー

46番。

このへん集めてるからいいもんね。

 

ルーク・スカイウォーカー

背面。

うん、やはりこういうおじさんとは目を合わせないでおこう。

 

ルーク・スカイウォーカー

反対側の側面。

ここもいつも通り!

 

by カエレバ

 

 

 

中身

早速中身をば。

ルーク・スカイウォーカー

このローブ。

ひもがついていますが結ぶのがめんどいたいへんなので、今回の撮影および飾る際にはつけないことにしました。

 

ルーク・スカイウォーカー

いい表情ですね!

この格好、正装なのかな?

最後のジェダイではレイと出会った後着替えて丁寧に畳んでいましたが。

 

ルーク・スカイウォーカー

後ろ姿。

髪の表現がイイですね!

シラミとかいそうです。

 

ルーク・スカイウォーカー

ブラックシリーズ6インチフィギュア、かなりいい表情つくれるようになりましたねえ。

もちろんムービーマスターピースはおろか、S.H.フィギュアーツにもほど遠くはありますが。

それでもかな~りよくなったって思うのですよ。

 

 

ルーク・スカイウォーカー

なんだかねえ、うなだれるのが似合うかな~と。

贖罪、ってイメージなんですよねえ、このルーク。

 

ルーク・スカイウォーカー

おなじみの右手。

2-1Bに移植してもらってそのままなんだろうか。

最後のジェダイではやたら細かいディテール入っていましたが。

 

ルーク・スカイウォーカー

とりあえずローブをかぶせてみた。

でもやはり、ひもを結ぶのがめんどい!

きちんと取りつければ見た目的にも良さそうなのですがね。

 

ルーク・スカイウォーカー

やはりワタクシにとっての絶対的なヒーロー、ルーク・スカイウォーカーが情けないキャラになるのは辛い。

最後のジェダイではやはり実体で闘って欲しかったな。

Xウイングを沈めたからどこにも行けなくなったのだろうけど。

ライトセーバー戦だけでなく、名飛行士としてのルークも見たかったのだよなあ。

そういう意味ではスピンオフ小説ってよく出来てたよなあ・・・・・・。

また勝手にストーリー考えようっと。