スポンサードリンク

こんにちは。マスター・テッドです。

エピソード4の昔話、今日は音楽編です。

 

ワタクシが自分の小遣いではじめて買ったレコード、それはスター・ウォーズのテーマでした。

しかも!

オリジナルサウンドトラックではないんですねw

スポンサードリンク

なんと、ベンチャーズの演奏したものでしたw

これには理由がありまして。

もともとはオリジナルサウンドトラックを買いに行ったのですが。

スター・ウォーズの大人気で、あいにく売り切れ。

ほかのでも良かったけど、ベンチャーズのがジャケットが格好良かったので。

小学3年生としてはw

 

内容は、ほぼミーコ版と同様でした。

メドレー形式だし、R2-D2の声とかもあったし。

概ね満足、でありました。

ミーコは電子音楽!って感じでしたねー。

そもそも、スター・ウォーズのテーマ音楽としてルーカスに売り込みにいってたんでしたっけ。

スポンサードリンク

ミーコの音楽が本編のものになっていたら、スター・ウォーズはまた別の映画になっていたろうなあ。

 

その後ラジオからサウンドトラック版を「録音」でき。

カセットテープで、毎日聞きましたね-。

そもそもこの時代、音楽って今ほど気軽に聞けるものでもなかったなあ。

レコードはレコードプレーヤーのある部屋でしか聴けなかったし。

ラジカセもけっこうでかくて持ち運びには向いていなかったし。

自分専用のラジカセが欲しいなーと思いましたねえ。

それが叶うのはその何年も後になりますが。。。。。

 

今ではスマートフォンで音楽も聴けるし、さらには動画も見れる。

カメラもついてますしね。

とんでもなく未来になったなーと実感しますね。

音楽が身近になったのが一番うれしいかなあ。

 

そうそう、実家にはまだベンチャーズのレコード、あるはずなんだよな。

今度帰ったら写真撮っておきます。

 

スター・ウォーズ・ヘッドスペース

スター・ウォーズ・ヘッドスペースミュージック

価格¥ 2,808

アーティストオムニバス, バリー・ドラフト

クリエーターブレイクボット

発行ユニバーサル ミュージック

発売日2016-03-17

カテゴリーCD

Supported by amazon Product Advertising API

スポンサードリンク