ランコア Calendar 2023-10-10

広告
当サイトの記事には、広告リンクが含まれています。

こんにちは。マスター・テッドです。

今日は10月10日 火曜日。

がんばって参りましょう。

本日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20231010

スター・ウォーズ:エピソードⅥ-ジェダイの帰還よりランコア

さすがに高いね!!

 

Google翻訳によると

Natives of Dathomir, rancors are ferocious but semi-intelligent mounds of muscle and reptilian flesh on two legs. Rancors capture their prey with disproportionately long arms and shrug blaster bolts off their almost-armored skin. They also make great gifts: Bib Fortuna gives one to Jabba the Hutt on his birthday.
ダソミアの原住民であるランコアは、二本の足でできた筋肉と爬虫類の肉でできた凶暴だが半知性を備えた小山である。 ランコアは不釣り合いに長い腕で獲物を捕らえ、ほぼ鎧を着た皮膚からブラスターボルトを肩をすくめます。 贈り物としても最適です。ビブ・フォーチュナはジャバ・ザ・ハットの誕生日に 1 つを贈ります。

とのこと。

ダソミア産なんですよね。

スローン、ダソミア行っちゃったけど大丈夫かな。

食べられないかな。

まあ、ベンドゥにも容赦なく砲火浴びせるようなひとなので問題ないかと。

ランコアといえば、バッド・バッチのシーズン1、5話で幼少の個体を救い出しますが。

あれが上の写真のになるんだろうか。

とすると、なんか切ないなあと思ってしまったんだよねえ。

ビブめ。

ボバ・フェットのときはもうゴジラてきな演出でしたねえ!!

演出というと、上の写真でもそうですがライティング凄いですよね。

ミニチュアって思えないもん。

写真とか撮るときもこだわらなきゃなのかもしれませんが、そのうちね!!

 

広告

ランコアの起源と特徴

ランコアは、惑星ダソミアに起源を持つ不格好な見た目の巨大な爬虫類動物です。ある程度の知性を備えた準知覚種族で、ブラスターも通用しない丈夫な皮膚を備えています1。ランコアは平均体高5メートル、平均体重1,650キログラムで、洞窟や平原に棲息しています2。ランコアはもともと獰猛な気性ではなかったが3、銀河系で最も恐れられる猛獣のひとつだった4

ランコアの顔のほとんどを大きな口が占めており、びっしりと生えた歯の隙間からよだれを垂らしています。ランコアの皮膚は非常に丈夫で、ブラスターの弾が当たっても少し不快に感じる程度です3。ランコアは社会階層を重んじる生き物であり、優れた個体が別の個体に敗北するまで上位に立っています[5][5]。極めて威圧的な外見とは裏腹に、ランコアは本来善良な生き物で、実際にダソミアの魔女はこの生き物を飼育していました。しかし飼育の仕方によっては、獰猛な一面が刺激されて狂暴化することもありました6

ランコアの亜種と分布

ランコアには多くの亜種が存在しています47。惑星フェルーシアに住むジャングル・ランコアは明るい色の肌を持ち、手足に水かきのようなヒレを備え、体中に小さな突起があります。彼らは穏やかな性格で、フェルーシアンの農民と平和的に共存しています37。黒い肌のシャドウ・ランコアは破壊好きとして悪名高く、手の届く距離にあるあらゆる物を攻撃します。薄茶色のハンター・ランコアは嗅覚が鋭く、同じくらいの大きさの生き物と比較して機敏です。彼らもまた獰猛な性格で、運動能力を活かして別の生き物を追い回すことを好みます。褐色のレイジ・ランコアは珍しい亜種で、一般的なランコアより邪悪な気性の生き物です4

ランコアの母星はダソミアでしたが2、犯罪王や道徳観念を持たない富裕層たちに気に入られ、さまざまな惑星へ持ち出されていました3。また、ランコアの革は衣類の素材に用いられることもありました。優雅な服を好んだドゥークー伯爵は、珍しいランコア革のブーツやベルトを着用していました。また、ランコアは大物狙いのビッグ・ゲーム・ハンターたちにとって格好の標的となりました4

ランコアと文化

共和国軍のBARCスピーダーに描かれたイラスト ランコアはクリーチャーとしては高度な知能を持ち合わせており、ダソミアでは道具を扱う個体が確認されている他、フェルーシアに定着した亜種ジャングル・ランコアは数ある亜種の中でも特におとなしい性格でフェルーシアンと共存しています。刷り込みの生態も持ち、飼育する場合は目隠し状態で連れてきてから主人の前でそれを外すことで刷り込みを行います。

ただ、力が強くそもそもが肉食なので危険な猛獣であることに変わりはなく、上述の特性故に好事家にとってコレクションないし玩具として弄ぶには最適な生物であり、しばしば処刑用の怪物として粗末な環境で雑に飼われる虐待に晒されています。皮膚も分厚く、生半可なブラスターでは仕留められないほど頑丈で、その力と相俟って作中世界観においてはガンダークと並び力強いものの比喩でよく用いられます。

クローン戦争中、共和国グランド・アーミーにはアドバンスト・レコン・コマンドーのコルトが指揮官を務める“ランコア大隊”という名の部隊がありました。また、共和国軍が使用したBARCスピーダーのサイドカーの1つに、ランコアの顔のイラストが描かれていました。惑星キロスの任務に赴いた際、ジェダイ・コマンダーのアソーカ・タノがこのサイドカーに乗り込んで砲手を務め、彼女の師匠であるアナキン・スカイウォーカーがBARCを操縦しました。また、ノートランのジェダイ・パダワン・ザットは、惑星フローラムで海賊たちを相手にサーカスを披露することになった時、ランコアの衣装に身を包みました。

レジェンズ版設定

レジェンズ版では、ランコアはさらに多くの亜種や歴史が設定されています。例えば、惑星カルダベックスでは水中生活に適応した水棲型ランコアが発見されました。惑星リュウタでは毒性や放射能に耐性を持つ突然変異したランコアが存在しました。

また、ランコアは銀河系の歴史にも大きな影響を与えました。惑星ダソミアでは、魔女たちがランコアを乗り物や戦闘パートナーとして使役していました。惑星タトゥイーンでは、ジャバ・ザ・ハットが自分の宮殿の地下にランコアを飼っており、気に入らない客や敵を彼に食べさせていました。しかし、ジャバのランコアはルーク・スカイウォーカーによって倒されました。この事件は、ランコアの飼い主であるマリクィリという名の男性にとって悲劇でした。彼はランコアをペットとして愛しており、彼の死に涙を流しました。

ランコアはスター・ウォーズの世界において、恐ろしい猛獣でありながらも感情豊かな生き物として描かれています。彼らは自分の仲間や主人に忠誠を誓い、時には友情や愛情を見せることもあります。彼らは単なる怪物ではなく、銀河系の一員として尊重されるべき存在だと私は思います。

詳細情報:

ジェダイの帰還から40年も歴史があるだけあって、しっかり設定されてますなあ。

とんでもなく長い文章になってるじゃん(笑)

昨日のカイロ・レンより長くなるとはね!

まあ、みんな大好きな愛すべきキャラなのかもしれませんね!!

 

 

うん、さすがに高い。

でもシーン再現するのにはうってつけですな!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました