キーボードの悩み その2

広告
当サイトの記事には、広告リンクが含まれています。

こんにちは。オヤジのアジトからの記事です。

このシリーズ、長期化しようと思っていたのですが。

あっさり完結しそうです。

広告

たくさんキーボード買う?

最初は、同じ種類のキーボードをたくさん買って済ませようとしてました。

白羽の矢が立ったのが、マイクロソフトの 。

これ、持ち運びに便利そうだし。

ただ、ペアリング2台までという制約がねえ。

せめて3台あればモバイル時にも便利なのに。

あと、これ高いw

会社用とアジト用、2台買ったとして2万。

先のペアリング台数限定考えるともう1台いるのかも。。。

それなら、アジトで使っているロジクールのK480を会社で使ってもいいかな。

モバイルは妥協して、以前買ったやつを使うとして。

うん、これが安上がり。

理想は

理想は、ポメラがBluetoothでマルチペアリングしてくれること。

こないだ出たDM200はキーサイズもいい感じ。

電車やバスでの移動の際もサクサク文字うちできそう。

やはりパソコンのように画面あるのはいいよなあ。

そこで思いついた。

USBリンクケーブル使えばいいんじゃん。

キーボード機は非力なパソコンでいい。

それをアジト、会社のパソコンに繋げばそいつがキーボードさ!って。

USBリンクケーブルはキーボード共有機能ついてますからね!

うん、これでいこう。

ただ、USBリンクケーブルが使えるのは大概の場合、Windows。

たまにmacOS。

LinuxやAndroidでは、きついってことですな。

機種選定

となると、キーボード機はとにかく軽い方がいい。

キングジムのPORTABOOKも魅力的だったけれども、お値段高め。

最近アマゾンで値崩れしてるようですが。。。

キーボードの調査をしていたときは6万円台でしたし・・・・・・。

後継機種の予定がないみたいなので故障の際に代替機を用意できないこともデメリット。

さあどうする。

結局次回へ続く(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました