お風呂でiPhone!!って・・・・・・。

広告
当サイトの記事には、広告リンクが含まれています。

こんにちは。オヤジのアジトからの記事です。

やっとこさ、iPhone7をお風呂で使う機会がありました。

その結果生じた問題とは??

広告

ずぶ濡れ

元々、ワタクシは防水ケースをiPhone6、そしてその後のiPhone6sで使っていました。

だからお風呂でiPhoneというのはごく当たり前のシチュエーションではあるのですが。

今回のiPhone7は、防水ケースなしでスタイリッシュなままお風呂に入れるのですよ。

が・・・・・・。


iPhone7の防水性能は良いとしても。

問題はカバーです。

現在、背面保護のためクリアカバーをつけています。

お風呂に入ってiPhone7が濡れると、iPhone7とカバーの隙間に水がたまります。

こりゃたまりませんわ!

さあどうする

カバーとの隙間に入った水、自然と流れ出てくれません。

きっと、ずっとたまったままでしょうねえ。

これだと見た目も良くないし、水が腐って悪臭を放つかもしれない。

だから毎回、お風呂上がりにはカバーを外してフキフキするわけですが。

これがどうにも面倒くさい。

どうすればいいのだ!!

解決策

解決策はいくつかあります。

・ケースをつけない

ちょっと、コレに心が傾いています。

ケースなしだったらカバーへの漏水とか気にしなくていいし。

また、カバーの厚み分が減るのでポケットへの収まりもいいかな。

ただ、傷からの保護が出来ない、ストラップが付けられないというのは問題かも。

・お風呂のときはケースを外す

現実的ですね。

必ずケースなしでお風呂にはいる、と。

ということはケース選択の自由度が上がるかも?

今まで使ったことがない、ブック型の見開きケースとかでもいいわけで。

反面、とても煩わしいですよね。

毎回パカパカ外すなんて。

また、取り外しによりケースのホールド部が緩くなるのも嫌ですね。

・iPhone7をお風呂で使わない

ああ、これも現実的。

せっかくの防水機能ですが、雨が降ったときなどの非常用と割り切ればいいのですね。

幸い、Xperia Z3 Tablet Comactもありますから。

問題は風呂で使うアプリですね。

お風呂ではAmazonやヨドバシの通販アプリ、ラインなどのコミュニケーションツールを使います。

ライン以外は問題なし。

ラインは鬼門ですね。

マルチユーザーを念頭に置いていないシステムだし。

このへんも早急な対策必要です。

・お風呂でデバイスを使わない

う~ん、これは、ナシの方向で・・・。

どうなるかな。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました