こんにちは。マスター・テッドです。

今日は5月6日 土曜日。明日7日の分も合わせて紹介だ!

週末もがんばって参りましょう。

今日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20230506

スター・ウォーズ:エピソードⅠ-ファントム・メナスよりダース・モールのライトセーバー

うん、かっこいいやつだ!

Google翻訳によると

Created by joining two hilts end-to-end, this unique weapon is perfectly suited to Maul’s extensive training and natural dexterity. This lightsaber can be used as a traditional single-bladed saber, or both crimson blades can be ignited at once when Maul fights more than one opponent.

2つの柄を端から端まで接合することによって作成されたこのユニークな武器は、モールの広範なトレーニングと生来の器用さに完全に適合しています。 このライトセーバーは、従来のシングル ブレード サーベルとして使用することも、モールが複数の敵と戦うときに両方のクリムゾン ブレードを同時に点火することもできます。

とのこと。

エピソードⅠの予告、何度見たかわからないけど。

モールがこのライトセーバーを起動させるのにはしびれましたね。

パルパティーンが太鼓判押したように圧倒的な強さなわけでしたし。

体術とあわせ、ダブルライトセーバーはだいぶ強かった!

未だにこのライトセーバーが人気なのも頷けます。

しかしダース・モール、このライトセーバーをどこでゲットしたのでしょうね。

パルパティーンからもらったのだろうか。

質問してみましょう。

 
テッド
ダース・モールはライトセーバーをどこで入手したの
 
こたえ
ダース・モールのライトセーバーの入手方法については、正確な情報は見つかりませんでした。
しかし、一般的なライトセーバーの入手方法は、ジェダイやシスの師匠から教わったり、自分で作ったり、他の者から奪ったりすることが多いようです。
ダース・モールはシスの暗黒卿ダース・シディアスの弟子でしたので、彼からライトセーバーをもらったか、作り方を教えてもらった可能性が高いと思われます。
また、ダース・モールのライトセーバーは、2本の同じライトセーバーを連結して作られていたので、それぞれ別々に入手したかもしれません。

ああ、まあよくわかってないってことですね。

ついでに製造コストについても聞きましょう。

 
テッド
ダース・モールのライトセーバーの製造コストはどれくらいでしょう
 
こたえ
ダース・モールのライトセーバーの製造コストについては、正確な情報は見つかりませんでした。
しかし、一般的なライトセーバーの製造コストは、20,000から500,000クレジットとされています。
ダース・モールのライトセーバーは、2本の同じライトセーバーを連結して作られていたので、その分コストが高くなっている可能性があります。
また、カイバー・クリスタルやその他の部品の入手難易度や品質によってもコストが変わるでしょう。

たかそう!

シスになるのも大変だなあと思った次第。

本国にはいろんなおもちゃがありますねえ。

これはホンモノではないけどなかなかおもろそうですね。 

ライセンス関係とかどうなってるのでしょうね。

この記事は私が書いたよ!

アバター画像

マスター・テッド

まいにちたのしく!

TOP