こんにちは。マスター・テッドです。

今日は5月18日 木曜日。

もうすぐ週末・・・・。がんばって参りましょう。

本日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20230518

スター・ウォーズ:エピソードⅤ-帝国の逆襲よりクラウドシティ

Google翻訳によると

Floating high above the clouds of Bespin, Cloud City’s main function is as a mining colony, extracting valuable Tibanna gas from the depths of the gas giant. However, it also serves as a refuge for those trying to escape galactic turmoil and prospers under the careful stewardship of Lando Calrissian.

ベスピンの雲の上空に浮かぶクラウド シティの主な機能は、巨大ガス惑星の深部から貴重なティバナ ガスを抽出する採掘コロニーです。 しかし、銀河の混乱から逃れようとする人々の避難所としても機能し、ランド・カルリジアンの慎重な管理の下で繁栄しています。

とのこと。

クラウドシティの設定には驚きましたねえ。

っていうか雲の惑星というのが斬新で。

クラウドシティの外観、なかなか先進的ですもんね。

このデザインをよく考えついたなあと思います。

似たような建物は反乱者たちのロザルなどでも確認できますが、やはりクラウドシティのデザインは別格かと。

 
テッド
クラウドシティについてかなり詳細に教えて
 
こたえ

クラウドシティとは、『スター・ウォーズ』シリーズに登場する惑星ベスピンの上空に浮かぶ都市です。
クラウドシティの特徴は以下の通りです。

気候:ベスピンはガス惑星であり、表面はありません。クラウドシティは惑星の対流層に位置し、温暖で穏やかな気候です。
産業:クラウドシティはタバナ・ガスと呼ばれる貴重な燃料を採掘するために建設されました。タバナ・ガスは惑星の大気中に含まれており、クラウドシティの巨大な採掘施設で抽出されます。
政治:クラウドシティは独立した自治都市であり、市長と呼ばれる指導者が治めています。市長はクラウドシティの住民から選出されます。
『スター・ウォーズエピソード5/帝国の逆襲』では、ランド・カルリジアンが市長を務めていましたが、後に反乱同盟軍に加わりました。
文化:クラウドシティは多様な種族や文化が共存するコスモポリタンな都市です。芸術や娯楽も盛んであり、カジノやレストラン、美術館などがあります。

クラウドシティの住民は自由と平和を重んじる傾向がありますが、帝国の支配や犯罪組織の脅威にさらされることもあります。

ほうほう!さらに、 サジェストでクラウドシティの有名な場所、ってのが会ったのでこれにも回答もらいました。

 
こたえ
クラウドシティで有名な場所はいくつかありますが、代表的なものをいくつか紹介します。
・カーボン冷凍室:ティバナ・ガスの精錬に使用される施設で、高温のガスを低温のカーボンに変換することで保存することができます。この施設は『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』でハン・ソロがカーボン冷凍にかけられた場所としても有名です。
・ポート・タウン:クラウドシティの下層部にある工業地帯で、搬出ドックやカジノ、バーなどがあります。この地域は犯罪組織の温床となっており、危険な場所として知られています。
・グランド・ベスピン・ホテル:クラウドシティの上層部にある高級ホテルで、豪華な客室やレストラン、美術館などがあります。このホテルはクラウドシティの景観を楽しめる絶好のロケーションにあります。
・クラウド・シティ・ミュージアム:クラウドシティの歴史や文化を紹介する博物館で、様々な展示品やホログラムなどがあります。この博物館はクラウドシティの創設者であるエクレシス・フィグ卿のコレクションを基にしています。

まあ、いろいろあるものですな!

各名所の特徴もいろいろ調べていくのも楽しいのかもしれません。

クラウドシティはなんか怖いので行こうとは思いませんが・・・・。

こういう怖いのがあるからねえ。 

しかしこのセット、リンク先2枚目の写真にあるように、色んなフィギュア置けそうで楽しい。

ブラックシリーズ6インチフィギュアでやると大変そうですが・・・・・・。

この記事は私が書いたよ!

アバター画像

マスター・テッド

まいにちたのしく!

TOP