こんにちは。マスター・テッドです。


今日は12月4日 月曜日。


がんばって参りましょう。


本日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20231204

スター・ウォーズ:エピソードⅤ-帝国の逆襲よりライカン将軍

翻訳するときに「理恵館将軍」となっていたのには笑ってしまいましたが。


Google翻訳によると

Battle-weary Clone Wars veteran and Alderaan native, Carlist Rieekan serves the Alliance as commander of Echo Base on Hoth. When the Imperial army discovers the base, Rieekan orders an immediate evacuation. Though unpopular–the painstaking task of establishing the base had barely been completed – Rieekan’s decision prevents the Battle of Hoth from being a total rout.
戦いに疲れたクローン戦争の退役軍人でオルデラン出身のカーリスト・ライカンは、ホスのエコー基地の司令官として同盟に仕えている。 帝国軍が基地を発見すると、ライカンは即時避難を命じる。 不人気ではあるが、基地を設立するという骨の折れる仕事はかろうじて完了していたが、ライカンの決断により、ホスの戦いは完全敗走することは避けられた。

とのこと。

この方、スター・ウォーズの登場人物の中でもかなり有能ですよね。

即時撤退なんてバチッと判断してますし。

結果、エンドアの戦いで反乱軍は勝利するわけですから。

あんまり目立たないけどね。

AI様にはライカン将軍の軍歴を訊いてみましょうか。

ライカン将軍とは?

ライカン将軍は、スター・ウォーズの映画『エピソード5/帝国の逆襲』に登場する反乱同盟軍の指導者の一人です。彼は惑星オルデラン出身の人間で、銀河共和国の軍人としてクローン戦争に参加した後、銀河帝国に対抗するために反乱軍に加わりました。反乱軍の創設メンバーの一人として、多くの戦闘において戦術家としての才能を発揮しました。特に、氷の惑星ホスにあるエコー基地の指揮官として、帝国軍の攻撃から反乱軍の撤退を成功させたことで知られています12

ライカン将軍の軍歴

ライカン将軍の軍歴は、銀河の歴史に大きな影響を与えた数々の出来事に関わっています。以下に、彼の主な活動を時系列に沿って紹介します。

クローン戦争

ライカン将軍は、17歳のときに故郷のオルデランを離れて、銀河共和国地上軍に入隊しました。彼は天性の指導力で素早く昇進し、士官養成学校に入学しました。そこで彼は、後に反乱軍の仲間となるジャン・ドドンナ、エイダー・トーロン、クリックス・メイディーンなどと出会いました。彼らは共に、分離主義者との戦いに参加しました23

反乱同盟軍の結成

銀河共和国が銀河帝国に変貌した後、ライカン将軍は帝国の暴政に反発し、反乱同盟軍に参加しました。彼は、オルデランの平和主義者であるベイル・オーガナとその娘レイア・オーガナが反乱軍の秘密の指導者であることを知り、彼らと協力しました。彼は主に反乱軍の秘密基地やオルデラン周辺で活動しました23

オルデランの破壊

ライカン将軍は、帝国軍の巨大兵器デス・スターがオルデランに接近しているという情報を受け取りました。彼は、オルデランの姉妹惑星であるデラヤの軌道上にある衛星通信ステーションを視察していました。彼は、オルデランの人々に避難を勧告するべきかどうか迷いました。もし、反乱軍のデス・スターに対する知識が帝国軍に知られることを恐れていました。しかし、彼は決断する前に、デス・スターがオルデランを一撃で破壊するのを目撃しました。彼は、故郷の人々が虐殺されたことに深い悲しみと罪悪感を抱きました。それ以来、彼は帝国軍の冷酷さを過小評価しないようになりました23

ホスの戦い

ライカン将軍は、反乱同盟軍の将軍として、氷の惑星ホスにあるエコー基地の指揮を執りました。彼は、反乱軍の最高司令部の一員として、デス・スターの設計図を入手したレイア・オーガナや、ジェダイの修行を受けたルーク・スカイウォーカーなどと協力しました。しかし、帝国軍は反乱軍の基地の位置を突き止め、大規模な攻撃を開始しました。ライカン将軍は、反乱軍の仲間の脱出を成功させるために、地上戦を長引かせる作戦を立てました。彼は、この作戦で多くの勇敢な戦士が失われることも覚悟しました。しかし、彼の采配によって、反乱軍は帝国軍の包囲網を突破し、ホスから脱出することができました12

新共和国の成立

ライカン将軍は、反乱同盟軍が新共和国に移行した後も、その重要なメンバーであり続けました。彼は、エンドアの戦い後に、同盟軍による銀河中心部への侵攻計画を主導し、コルサントやインペリアル・シティの奪回にも貢献しました。彼は、新共和国の最初の閣僚の一人に就任し、銀河の平和と秩序の回復に努めました23

ライカン将軍の舞台裏

ライカン将軍を演じたのは、イギリスの俳優ブルース・ボア(Bruce Boa)です。彼は、『エピソード5/帝国の逆襲』の撮影中に、監督のアーヴィン・カーシュナーと衝突したことで知られています。カーシュナーは、ライカン将軍のセリフを何度も変更し、ボアに即興で話すように求めました。しかし、ボアはその要求に応じられず、カーシュナーに怒られました。ボアは、自分の役柄について十分な説明を受けていなかったと不満を述べました4

ライカン将軍は、スター・ウォーズの映画では『エピソード5/帝国の逆襲』のみに登場しましたが、その後も多くの小説やコミックなどのメディアで彼の活躍が描かました。ライカン将軍は、スター・ウォーズのファンにとって、反乱軍の英雄の一人として尊敬されています。

1. starwars.fandom.com 2. starwars.jp 3. weblio.jp 4. starwars.jp

ね~。だいぶ有能なキャラクターです。

にしては、新共和国ってすぐ動脈硬化起こして機能不全になってましたねえ。

教義を重んずるマンダロリアン達の方がうまく生きて行ける、というのも皮肉なものですねえ。

そういえばライカン将軍、ブラックシリーズ6インチフィギュアで見たことないもんな。

ベーシックでしかでてないのですなあ。

不人気キャラってわけでもなさそうですが、売れまくるということも無さそうですし・・・・。

この記事は私が書いたよ!

アバター画像

マスター・テッド

まいにちたのしく!

TOP