こんにちは。マスター・テッドです。

今日は6月10日 土曜日。明日11日の分も合わせて紹介だ!

週末もがんばって参りましょう。

今日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20230610

スター・ウォーズ:エピソードⅣ-新たなる希望よりブラスター・ライフル

普通に帝国ストームトルーパーかと思ったよ!!

Google翻訳によると

BlasTech E-11 blaster rifles are standard-issue equipment for Imperial stormtroopers. Combining impressive range with deadly firepower, they’re important tools for the Empire’s ground forces. Their standard power cells carry energy for around 100 shots, and their plasma cartridges can last for more than 500.
ブラステックE-11ブラスター・ライフルは、帝国のストームトルーパーの標準装備の武器です。印象的な射程と致命的な火力を兼ね備えたこの武器は、帝国の地上部隊にとって重要なツールです。標準のパワーセルは約100発分のエネルギーを持ち、プラズマカートリッジは500発以上持ちます。

とのこと。

えええ?意味わからんぞ?早速AI様に!

 
テッド
ブラスターライフルの発射原理を教えて
 
こたえ
ブラスターライフルの発射原理は、ブラスター・ガスと呼ばれる揮発性のガスを高エネルギー状態にして変換室に送り、そこで強い粒子ビームに変換し、プリズム・クリスタルで収束させて精製室を通過させることで、ブラスター・ボルトと呼ばれる爆発した粒子ビーム・エネルギーを発射するものです。
ブラスターライフルはブラスター・ピストルよりも威力が高く、射程距離も長いですが、重量が重く、パワー・パックの消耗が激しいという欠点があります。
ブラスターライフルは銀河系で広く使用されている武器で、銀河帝国や新共和国の軍隊だけでなく、反乱同盟軍やレジスタンスなどの反帝国勢力や犯罪組織などにも多数配備されています。

ああなるほど、と思う一方カレンダー文の言葉でわからんところもある。

 
テッド
パワーセルとパワー・パック、プラズマカートリッジの違いは
 
こたえ

パワーセルとパワー・パック、プラズマカートリッジの違いは、以下のようになります。

パワーセルは、小型の電池のようなもので、ブラスターの発射に必要なエネルギーを供給します。高エネルギー状態になったブラスター・ガスを変換室に送り、粒子ビームに変換されます。
パワーセルは最大100発分のエネルギーを供給できますが、交換や再充電が容易です。

パワー・パックは、リチウムイオンバッテリーの一種で、さまざまな電動機器の動力源として活用できます。
パワー・パックは1.3kWh以上の大容量電力を貯蔵し、高耐久性やデータ活用機能を備えています。
パワー・パックは再生可能エネルギーの活用拡大やバッテリーシェアリングなどに貢献しています。

プラズマカートリッジは、ブラスター・ガスを充填した容器で、ブラスターの発射に必要なエネルギー源となります。
プラズマカートリッジは変換室で粒子ビームに変換されます。
プラズマカートリッジは500発を超える連続発射が可能ですが、入手が困難で高価です。

パワー・パックだけいきなり現実世界のモノになっていますが。

まあ、パワーセルとパワー・パックはおんなじものじゃないかな。

ところでE-11の原型になったスターリングSMG。

商品リンクは上に貼っていますが。

サバイバルゲーマーだった頃、このスターリングが出てきた時は衝撃でした。

1発ずつポンピングして使ってた時代にいきなりガスフルオートなんだもん。

とにかく怖かったですねえ。

映画ではこの銃、そんなに見ないような気がします。

記憶が残ってるのは007 私を愛したスパイでのクライマックス、タンカー内の戦い。

ロボコップは強盗が持ってた長銃身のコイツをくにゃっと曲げます。

あとはあんまりないなあ。

スター・ウォーズシリーズがこの銃を一番多用してるんじゃないのかなあ??

以前、ナーフでE-11ってなかったっけ??

見つけきれなかったので亜種の E-11Dを。

この記事は私が書いたよ!

アバター画像

マスター・テッド

まいにちたのしく!

TOP