こんにちは。マスター・テッドです。

今日は9月9日 土曜日。明日10日の分も合わせて紹介だ!

週末もがんばって参りましょう。

今日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20230909

スター・ウォーズ:エピソードⅥ-ジェダイの帰還よりリアクター・コア

う~ん、高い!!

Google翻訳によると

Battleships, space stations, and other large facilities require truly tremendous amounts of power, most often generated by a type of reactor core. While the most common types are fusion cores using hypermatter fuel, some utilize chemical or fission cores. Regardless of the type, all reactor cores must be protected from imbalances and outside interference.
戦艦、宇宙ステーション、その他の大型施設は、実に膨大な量の電力を必要とし、ほとんどの場合、ある種の原子炉炉心によって生成されます。 最も一般的なタイプはハイパーマター燃料を使用する核融合コアですが、化学コアまたは核分裂コアを利用するものもあります。 タイプに関係なく、すべてのリアクター・コアは不均衡や外部干渉から保護されなければなりません。

とのこと。

ジェダイの帰還でのクライマックスシーン。

こんなコアを破壊したら連鎖反応とかなくても流石にデス・スターⅡも吹っ飛びますね。

ただ、やっぱり気になるのはゲイレン・アーソの仕込んだ罠。

デス・スターⅡのものは対策されているのでしょうかね?

デス・スターⅡとは、銀河帝国が建造した超兵器であり、惑星を一撃で破壊することができる巨大な人工衛星です。ゲイレン・アーソとは、デス・スターの設計者のひとりであり、帝国に強制的に協力させられた科学者です。では、デス・スターⅡのリアクターにはどんな対策が施されていたのでしょうか?

デス・スターⅡのリアクターは、初代デス・スターの弱点だったゲイレン・アーソの仕込んだ欠陥に対する対策が施されていました1。初代デス・スターのリアクターは、表面にある熱排気口から直接アクセスすることができましたが、デス・スターⅡのリアクターは、シールド発生器によって保護されており、内部に侵入することが困難になっていました1。また、デス・スターⅡのリアクターは、初代よりも大型化されており、熱排気口も小さくなっていました2。さらに、デス・スターⅡのリアクターは、複数のエネルギーチャンバーに分散されており、一箇所を爆発させても全体が破壊されることはなくなっていました3

しかし、デス・スターⅡのリアクターにも完全ではない部分がありました。シールド発生器はエンドアの月に設置されており、地上部隊によって破壊される可能性がありました1。また、デス・スターⅡは建造中であったため、内部に未完成の部分が多くありました1。反乱同盟軍はこれらの隙を突いて、宇宙部隊によってデス・スターⅡ内部に侵入し、中央反応炉を直接攻撃することで破壊することに成功しました1

以上が、デス・スターⅡのリアクターがゲイレン・アーソの仕込んだ罠が有効だったかどうかについての紹介でした。デス・スターⅡのリアクターは、初代デス・スターの弱点だった欠陥に対する対策が施されていましたが、それでも反乱同盟軍の勇敢な攻撃によって破壊されました。

AI様に訊いても連鎖反応についてはよくわからず。

デス・スターⅡでもきっとゲイレンが人生を費やしてまで仕込んだトラップは有効だった、と信じたいですね。

デス・スターⅡって、先のビークルモデルくらいしかないのね。

レゴもこのサイズのもののみ。 

この記事は私が書いたよ!

アバター画像

マスター・テッド

まいにちたのしく!

TOP