こんにちは。マスター・テッドです。

今日は10月4日 水曜日。

今日でアソーカ最終ですね。さみしいなあ。

でもがんばって参りましょう。

本日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20231004

スター・ウォーズ:エピソードⅡ-クローンの攻撃よりWA-7

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

楽天の商品検索したけど見つからない・・・・。

amazonにはあるんだけどさ。

Google翻訳によると

WA-7,a waitress droid nicknamed FLO,brought Obi-Wan Kenobi and Dex together and then served them Jawa juice at Dex’s Diner.
WA-7はFLOというあだ名のウェイトレス・ドロイドで、オビ=ワン・ケノービとデックスを連れて行き、デックス・ダイナーでジャワ・ジュースを出しました。

とのこと。短っ!!

独特な声のドロイドで好きですよ。

アメリカのドライブインにいそうなローラースケートにポニーテールの気さくな娘なんでしょうね。

アメリカのドライブイン行ったことないけど。

このねえ、ドロイドに対する余裕もルーカス作品はいいんだよね。

WA-7の仕事内容

WA-7は、ダイナー「ドックス」でオーナーのデクスター・ジェットスターの手伝いをしています。彼女は、お客さんにメニューを渡したり、注文を取ったり、料理を運んだりするなど、一般的なウェイトレスの仕事をこなしています。彼女は、自分の仕事に誇りを持っており、常に笑顔で接客しています。彼女は、デクスターや常連客とも仲が良く、時には会話を楽しんだりもします。

WA-7の特徴

WA-7は、ディナー・ユニットという種類のドロイドです。彼女は、人間型の頭部と胴体を持ちますが、腕や足はありません。代わりに、胴体から伸びる一本の長いアームで動き回ります。このアームには、先端に小さなホイールが付いており、床や壁を滑るように移動します。また、アームには複数のグラップラーが備えられており、料理や食器などを掴んだり投げたりすることができます。彼女は、青白い色のメタリックなボディをしており、頭部には大きな目と口があります。彼女は、自分の感情や意思を表現するために目や口の形を変えたり、声や音で話したりします。

WA-7の舞台裏

WA-7は、映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』で初登場しました。彼女は、主人公のジェダイ騎士オビ=ワン・ケノービがデクスターに会いに来た際に登場しました。彼女は、オビ=ワンにメニューを渡したり、注文を取ったりしましたが、オビ=ワンはデクスターと話すことしか興味がなかったため、彼女は無視されました。このシーンでは、WA-7はCGで作られており、声優のレオナ・ティッシャウが声を担当しました12

WA-7は、映画以外にもコミックやゲームなどのスター・ウォーズ関連作品にも登場しました。特に有名なのは、2003年に発売されたゲーム『Star Wars: Bounty Hunter』です3。このゲームでは、主人公の賞金稼ぎジャンゴ・フェットがコルサントでデクスターと会うシーンがありますが、その際にWA-7も登場します。このゲームでは、WA-7は実際に動く人形が使われており、声優のグレイ・デリスルが声を担当しました4

WA-7は、スター・ウォーズの世界でユニークな存在であり、多くのファンに愛されています。彼女は、ダイナー「ドックス」で働く姿や、オビ=ワンやジャンゴ・フェットとのやりとりが印象的です。彼女はまた、スター・ウォーズの世界観や想像力を豊かにするキャラクターでもあります。

1: Star Wars: Episode II – Attack of the Clones (2002) – Full Cast & Crew – IMDb 2: Leona Tischauer | Wookieepedia | Fandom 3: Star Wars: Bounty Hunter | Wookieepedia | Fandom 4: Grey DeLisle | Wookieepedia | Fandom

ドックス・・・?

デックス・ダイナーでは。

でもまあ、彼女のいいところをちゃんと書いてくれてるのでいいですな!

声がいいもんねえ。そしてしっかりとジャワジュースの注文をとるちゃっかりさ加減もいい!

 

これ、デカイので出ても需要ないかなあ。

たしかにワタクシも買わないかもしれないもんね。

好きなドロイドですが。

この記事は私が書いたとです!

アバター画像

マスター・テッド

まいにちたのしく!

TOP