Aウィング・スターファイター(バンダイ) その3

こんにちは。マスター・テッドです。

Aウィング・スターファイターの製作記、その3です!

その1

その2

 

そうそう、その1を書いてたときには気づかなかったのですが。

スポンサードリンク

このAウィング・スターファイターの箱の高さって、従来のものより大きくなっていますね。

2016-06-04 21.00.26

さらによく見たら、英訳まで入っている。

バンダイさん、とうとう国際展開なんでしょうかね!

これだけのクオリティだと海外の人も驚くだろうなあ。

末永くシリーズ継続をお願いしたいところです。

 

さてさて、その1の内容でウェルドラインというのがあったかと。

ゲートが複数個ある場合、樹脂同士が合流した箇所が筋状に見える現象、でしたね。

R4-D5のパーツ

R4-D5のパーツ

樹脂同士が溶けた状態であわさっていますのでこれを消すことは不可能でしょう。

しかし、目立たなくすることはできます。

Exif_JPEG_PICTURE

線が見づらい(笑)

この部分が結構目立つウェルドラインでした。

それが

Exif_JPEG_PICTURE

見えます?

こんなカンジに。

目立たなくなっていますよね?

これ、激落ちくんとかのメラミンスポンジでこすったんです。

全体的にです。

すると表面に細かい傷がついて、ウェルドラインが目立たなくなるんですねえ。

さらに全体のツヤ消し処理までできるわけで。

こういうメカものだとピカピカしたいかにもプラスチック!!という外観よりツヤの消えたボディのほうがカッコイイですから。

しっかりとスポンジがけを行っています。

ベイダーのマスクや、トルーパーにはメラミンスポンジ、あんまり使わない方がいいですね。

あれはツヤが大事ですからね!!

このAウィング・スターファイター、全体的にウェルドラインが多かったような。

 

あとは素直に作っていけばいい形のAウィング・スターファイターをゲットできます。

ウォッシング

ウォッシング

ダイソーのアクリル塗料を薄めたやつでウォッシングしていきますよ。

拭き取りにはティッシュだけではなくメラミンスポンジもたくさん使用。

 

そんなこんなで、完成~~

その1

完成1

いいデザインですねえ・・・・。

スポンサードリンク

 

その2

完成2

ウォッシングで汚してあるから、というのもありますがさっきのウェルドライン、目立たないでしょう??

 

キャノピーまわり

完成3

その2で心配だった、キャノピー横のゲートも目立ちません。

パイロットの肌色もなじんでるんじゃないかな??

 

完成3

完成4

レーザーキャノンの赤いところは付属のシールを使わず、塗装しました。

黒のパステルでスス汚れのカンジを出しています。

黒色部分は銀で軽くドライブラシ。

 

完成6

完成5

エンジン部も黒のパステルで汚し。

ちょっとやり過ぎたかもね・・・・・・。

本体中央の部品、F-16のインテークだよね??

 

完成6

完成6

裏面はこんなカンジ。

ふつ~に汚しました。

しかしこの色合いって、ファミコンそっくり・・・・・。

 

完成7

完成7

ターボレーザーと。

ターボレーザー、作るのが楽しかった!もっとでっかいほうがいいのだけれども。

 

C15

C15

ナゾの部品、C15。

きっとパイロットなんだよなあ。

あああ

あああ

Aウィング・スターファイターの大きさはわかりますが、世界観は台無しですね・・・・・・。

 

いや~、楽しいキットでした。

次もビークルを作りたいなあ。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)

このページの先頭へ