こんにちは。マスター・テッドです。

今日は5月27日 土曜日。明日28日の分も合わせて紹介だ!

週末もがんばって参りましょう。

今日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20230527

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーよりエレクトロリッパースタッフ

あれっ、またビリビリ棒だ。

Google翻訳によると

No weapon is more fearsome in raider Enfys Nest’s hands than the electroripper staff. This weighted polearm is tipped with a band of energy powerful enough to rip through metal, not to mention incapacitate an enemy.

レイダーのエンフィス・ネストの手にかかると、エレクトロリッパー スタッフほど恐ろしい武器はありません。 この加重ポールアームには、敵を無力化することは言うまでもなく、金属を引き裂くのに十分強力なエネルギーの帯が付いています。

とのこと。

ってかビリビリ棒多いなあ。

ライトセーバーと戦える暴動鎮圧のやつまであるしねえ、この世界。

誰もが疑問に思うことをAI様に訊いてみましょうね。

 
テッド
エレクトロリッパースタッフとエレクトロスタッフの違いは
 
こたえ

エレクトロリッパースタッフとエレクトロスタッフの違いは以下の通りです。

エレクトロリッパースタッフは、クラウド=ライダーズの首領エンフィス・ネストが所有していた近接武器で、先端に火花を散らすリボン状のエネルギーを発生させることができました。
また、基部にはフォース・ライトニングに似たキネティック・エネルギーを爆発させる装置がありました。この武器は金属を切断したり、敵を麻痺させたりすることができました。

エレクトロスタッフは、バクトイド・アーマー・ワークショップやホロワン・メカニカルズが製造した近接武器で、両端に紫色や黄色の電気を発生させることができました。
この武器はライトセーバーに対抗できるように設計されており、フリック合金で覆われていました。
この武器は敵の心臓を止めるほどの威力を持っていました。

うん、いずれにしてもおっかねえ。

エンフィス・ネストはあの身体能力でしたからね。

そんで致死性の高いこんな武器振り回されたらたまったもんじゃないですよ。

クラウド=ライダーズはどこに行ったんでしょうねえ。

ハン・ソロからもらったコアキシウムはソウ・ゲレラに渡ったと思うのですが。

その後はどうなったのかなあ。

 
テッド
クラウド=ライダーズはどうなった
 
こたえ
クラウド=ライダーズは、エンフィス・ネストが率いる反乱組織で、スウープ・ギャングとしても知られていました。
彼らは帝国や犯罪組織に対抗するために、様々な惑星で略奪や襲撃を行っていました。
彼らはハン・ソロやベケットの一味とも敵対したことがありますが、後に協力してコクシウムの奪取に成功しました。
その後、クラウド=ライダーズは反乱同盟軍の一部となり、ソーギェラ・ゲレラの分派やパルチザンズとも連携しました。
彼らは帝国の支配に抵抗するために、多くの戦闘に参加しました。

おお!元気そうで何より。

ってことはアンドーへの出演もありうる・・・・。

どうだろうな??

この商品、2019/5/11に購入済みだ。

 飾りっぱなしで開けてないなあ・・・。

この記事は私が書いたよ!

アバター画像

マスター・テッド

まいにちたのしく!

TOP