こんにちは。マスター・テッドです。

今日は7月26日 水曜日。

がんばって参りましょう。

本日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20230726

スター・ウォーズ:エピソードⅢ-シスの復讐よりR4-P17

アストロメクドロイド、久々な気がする。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

Google翻訳によると

This faithful astromech droid, known as “Arfour, is assigned to Obi-Wan Kenobi and serves him well on countless missions in his Delta-7 starfighter. She meets her untimely end during the Battle of Coruscant when buzz droids swarm Kenobi’s fighter.
「アルフォー」として知られるこの忠実なアストロメク・ドロイドは、オビ=ワン ケノービに割り当てられ、彼のデルタ-7 スターファイターで数え切れないほどのミッションで活躍しました。彼女はコルサントの戦いでバズ・ドロイドがケノービの戦闘機に群がり、早すぎる最期を迎えました。

とのこと。

かわいそうでしたねえ。

あの断末魔ビープ音が余裕で脳内再生出来ます。

でもさあ、形状はR2ユニットよね?

このへんわからんからAI様にアストロメクドロイドの系譜を訊いてみよう。

今回は、映画『スター・ウォーズ』に登場する小型の修理用ドロイド、アストロメク・ドロイド1の中でも、Rシリーズと呼ばれる系譜について、彼らの特徴や歴史について考察してみたいと思います。

Rシリーズはインダストリアル・オートマトン社が製造したアストロメク・ドロイドのシリーズで、非常に凡庸性が高く、スターシップの副操縦士やメカニック、ナビゲーターとして活躍したほか、コンパートメントに収納した多彩なツールやアタッチメントによってほとんどあらゆる仕事をこなすことができました2。Rシリーズは銀河系でもっとも人気のあったアストロメク・ドロイドのモデルのひとつであり、第2級ドロイドに分類されました2

Rシリーズには様々な機種がありましたが、その中でも最も有名なのはR2シリーズ・アストロメク・ドロイドでしょう。R2シリーズは小型化されたボディに10セット分のハイパースペース座標の保持能力やさまざまな規格付属器を備えており、多種多様なスターファイターのドロイド・ソケットに収まって飛行支援に使用されました2。R2-D2はこのR2シリーズの代表的な個体であり、銀河系の歴史に大きな影響を与えたドロイドです3

R2シリーズ以外にも、Rシリーズにはさまざまな機種が存在しました。例えば、R1シリーズ・アストロメク・ドロイドはRシリーズで一番最初にバイナリーで会話することができたドロイドでしたが、後継機種と比べるとはるかに人相が悪く、高身長でした。R3シリーズ・アストロメク・ドロイドはR2シリーズに取って代わる新型モデルとみなされていましたが、実際には独立星系連合のスパイ・ドロイドとして使用されていました。R4シリーズ・アストロメク・ドロイドは円錐型の頭部を持つモデルであり、オビ=ワン・ケノービやアナキン・スカイウォーカーなどのジェダイが愛用していました。R5シリーズ・アストロメク・ドロイドはコーン型の頭部を持つモデルであり、安価で信頼性が高いと評判でしたが、性格は気難しく不満を漏らすことも多かったです。

以上が、Rシリーズアストロメク・ドロイドの系譜についての私の考察です。

詳細情報:

ね、円錐型。

こんな形よね。

ず~っと疑問なんですよね。なんでこの丸頭がR4なのか。

きっと答えはないんでしょうがこのへんを延々と考察するのもファンの楽しみなのかもしれませんね。

って、この疑問自体以前のものと内容同じ。

あっはっは。考えてることおんなじだった。

なかなか進歩しないですが、今のワタクシにはAI様がついてるのよ。

これ、パネルパターンがR2と違ってていいね。 

他のトイはR2と同じものが多いのですが。

この記事は私が書いたとです!

アバター画像

マスター・テッド

まいにちたのしく!

TOP