こんにちは。マスター・テッドです。

今日は8月5日 土曜日。明日6日の分も合わせて紹介だ!

週末もがんばって参りましょう。

今日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20230805

スター・ウォーズ:エピソードⅢ-シスの復讐よりメイス・ウィンドゥのライトセーバー

有名ですねえ。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

やっぱり高いねえ。

Google翻訳によると

Mace Windu was one of the most distinctive members of the Jedi Order, so it was only logical that he carried one of the most distinctive Jedi weapons. Windu’s saber had a plasma blade of amethyst-a brilliant warning to enemies that the Jedi Order’s greatest champion was ready for battle.
メイス・ウィンドゥはジェダイ・オーダーの最も特徴的なメンバーの一人であったため、彼が最も特徴的なジェダイの武器の1つを所持していたのは当然のことでした。 ウィンドゥのサーベルにはアメジストのプラズマブレードが付いており、ジェダイ・オーダーの偉大なチャンピオンが戦いの準備ができているという敵への見事な警告でした。

とのこと。

先日シークレット・インベージョンが最終回を迎えまして。

そこでのサミュエル・L・ジャクソン、凄かったですねえ。

やっぱり演技力スゲエや。

口角の動きだけでいろいろ語れるわ。

ちなみにシークレット・インベージョン、メイス・ウィンドゥにクレニック、キーラの揃う面白い話、という説明はちょっと違う(笑)

#メイス・ウィンドゥのライトセーバーの特徴とは?

スター・ウォーズのシリーズに登場したジェダイ・マスターの一人、メイス・ウィンドゥ。彼はジェダイ評議会の長老であり、銀河共和国の危機に対処するためにクローン戦争に参加したことで知られている。メイス・ウィンドゥはアメジスト色のライトセーバーを持っており、これは彼の個性や能力を表すものであった。メイス・ウィンドゥのライトセーバーは本当にどのような武器なのだろうか?

私は、メイス・ウィンドゥのライトセーバーには特徴が多く、魅力的な武器であると思う。なぜなら、彼らは以下の3つの点で他のライトセーバーと異なっているからだ。

  1. 紫色のブレードを放出する メイス・ウィンドゥのライトセーバーは紫色のブレードを放出する。これは非常に珍しいことであり、彼がジェダイ・オーダーでも特別な存在であることを示している。紫色のブレードは、彼がフォースの光と闇の両方をバランスさせて使うことができることを意味している12。彼はジェダイとして正義を貫く一方で、シスやダークサイドに対抗するために攻撃的な戦闘スタイルを身につけた12。彼はヴァーパッドと呼ばれる独自の剣術を開発し、ダークサイドからエネルギーを吸収して自分に利用することができた12
  2. エレクトラムが使用された高級な柄を持つ メイス・ウィンドゥのライトセーバーはエレクトラムが使用された高級な柄を持っている。エレクトラムは金属合金であり、ジェダイ評議会の長老やマスターにしか許されない素材であった12。エレクトラムは柄に美しい光沢を与えるだけでなく、耐久性や機能性も高める効果があった12。メイス・ウィンドゥはこのエレクトラムを柄の上部に施し、自分の地位や権威を示した12
  3. ジェダイやシスとの重要な歴史を持つ メイス・ウィンドゥのライトセーバーはジェダイやシスとの重要な歴史を持っている。このライトセーバーは、彼がクローン戦争で数々の戦闘に参加した際に使用された12。彼はこの武器でジオノーシスの戦いやコルサントの戦いなどにおいて、シスやドロイド軍団と戦った12。また、このライトセーバーはシスの暗黒卿ダース・シディアスとの最後の対決にも使われた12。彼はシディアスを追い詰めることに成功したが、アナキン・スカイウォーカーに裏切られてライトセーバーを失った12。このライトセーバーはその後、どこへ行ったのかも分かっていない12

以上のように、メイス・ウィンドゥのライトセーバーには特徴が多く、魅力的な武器であると私は考える。彼らは紫色のブレードを放出し、エレクトラムが使用された高級な柄を持ち、ジェダイやシスとの重要な歴史を持っている。彼らはフォースの光と闇の両方を使いこなすことができる強力な存在であるがゆえに、スター・ウォーズの世界における特異な武器の一種であると言えるだろう。

特別ものだよなあ、色も材質も。

そんだけ実力者、ということだから退場させるのも苦労したろうな、脚本。

やっぱりパルパルのみでは勝てなかったんだよね、きっと。

エピソードⅢは上手くまとまっていたなあ。

スカイウォーカーの夜明けみたいな中途半端さがなかったし。

また見直してみよう。

新たな気づきとかあって、おもろいんだよね。

 

ブラックシリーズ6インチフィギュア、持ってないな。

S.H.フィギュアーツ持ってるからいいかな~って。

この記事は私が書いたとです!

アバター画像

マスター・テッド

まいにちたのしく!

TOP