こんにちは。マスター・テッドです。

今日は8月4日 金曜日。

がんばって参りましょう。

本日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20230804

スター・ウォーズ:エピソードⅠ-ファントム・メナスよりシス・インフィルトレーター

かっこいいす。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

高いもんだねえ。

Google翻訳によると

Darth Maul pilots the Sith Infiltrator whenever his leader, Darth Sidious, sends him on missions. Because of its silent engines and cloaking ability, this experimental starship is able to travel without drawing notice. Darth Maul uses it as a mobile base of operations while hunting Queen Amidala and her Jedi protectors.
ダース・モールは、リーダーのダース・シディアスがミッションに送り出すたびにシス・インフィルトレーターを操縦します。 静かなエンジンと遮蔽能力のおかげで、この実験用宇宙船は予告なしに飛行することができます。 ダース・モールは、アミダラ女王とそのジェダイの守護者たちを狩る際の移動作戦基地としてここを使用します。

とのこと。

エピソードⅠの予告でこのビークル見たときかなり気分が上がりましたね。

タイ・ファイターにも似てたし。

昇降用のステップはインペリアル・シャトルっぽくもあったし。

それにしても格好良すぎるデザインでしたが。

これの立体物、持ってないんだよなあ。

売れない可能性のほうが高いんだけど、バンダイさんがビークルモデルシリーズで出してくれると嬉しかったのですがね。

#シス・インフィルトレーターの秘密とは?

スター・ウォーズのシリーズに登場した宇宙戦闘機の一つ、シス・インフィルトレーター。クローキング装置を搭載した隠密性の高い船であり、シス卿ダース・モールが個人用宇宙船として使用したことで有名である。シス・インフィルトレーターは本当にどのような船なのだろうか?

私は、シス・インフィルトレーターには秘密が多く、魅力的な船であると思う。なぜなら、彼らは以下の3つの点で特徴を持っているからだ。

  1. 製造元や起源が不明確である シス・インフィルトレーターの製造元や起源は謎に包まれている。一説によると、この船はリパブリック・サイナー・システムズ社が製造したスター・クーリエの改造型であり、レイス・シーナーおよびシーナー・デザイン・システムズ社の秘密研究所でカスタム化されたと言われている12。しかし、レイスはこの船との関係を一切否定しており、真相は不明である1。また、この船はダース・モールが死亡した後にダース・シディアスの所有物となり、その後も何度か姿を現したが12、最終的にどこへ行ったのかも分かっていない2
  2. クローキング装置や武装など高度な技術を備えている シス・インフィルトレーターはクローキング装置を備えており、目に見えなくなることができる。このクローキング装置は高価なスタイジアム・クリスタルからエネルギー供給を受けており2、このクリスタルはアウター・リムの不安定な惑星エイテンIIでしか採掘されない貴重なものだった12。このクローキング装置によって、ダース・モールはあらゆるセンサーに感知されることなく、銀河系のどこへでも移動することができた12。また、この船は6基の隠蔽型レーザー・キャノンを武装しており12、伸張すると同時に数発の光弾を発砲することができた2。さらに、この船には監視ギアや爆弾や地雷や毒や拷問器具や尋問ドロイドなどの邪悪な装備品も多数積み込まれていた2
  3. シスやジェダイとの深い関係を持っている シス・インフィルトレーターはシスやジェダイとの深い関係を持っている。この船はシス卿ダース・モールが個人用宇宙船として使用し、パドメ・アミダラ女王の捜索やナブーの戦いに参加した12。また、この船はダース・シディアスの所有物となり、クローン戦争中に惑星ダソミアでモールやマザー・タルジンと戦った12。さらに、この船は帝国時代に賞金稼ぎに貸し与えられ、盗まれた宇宙ヨット<インペリアリス>を取り戻す任務にあたらせた12。また、この船はシーナー社のTIEファイター・シリーズや大尋問官が搭乗したTIEアドバンストx1のプロトタイプの設計に影響を与えた12

以上のように、シス・インフィルトレーターには秘密が多く、魅力的な船であると私は考える。彼らは製造元や起源が不明確であり、クローキング装置や武装など高度な技術を備えており、シスやジェダイとの深い関係を持っている。彼らは邪悪な存在であるがゆえに、スター・ウォーズの世界における特異な船の一種であると言えるだろう。

あれ!クローキングまで出来るのか。

これもトンデモスペックだったのだなあ。

空戦を見てみたかった気がする。

それにしてもシスとその信奉者の技術力、すげえな。

 

このシリーズも非常に興味あり。

サイズもそんなに大きくなさそうだから飾りやすそう。

でもマイクロ・ギャラクシー・スコードロンで出てくる予感はある!

この記事は私が書いたとです!

アバター画像

マスター・テッド

まいにちたのしく!

TOP