こんにちは。マスター・テッドです。

今日は9月18日 月曜日。

がんばって参りましょう。

本日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20230918

スター・ウォーズ:エピソードⅤ-帝国の逆襲よりボバ・フェット

大物です!

でもフィギュア類はジェダイの帰還バージョンが多い気がする。

まだ作ってないバンダイ製のものを貼っておきます。

Google翻訳によると

Boba Fett is a legend often called “the best bounty hunter in the galaxy.” Inheriting his father’s Mandalorian armor and his ship, Slave I, Boba makes his name as a skilled hunter of valuable targets. Darth Vader reminds him, “no disintegrations!” when hiring him to track the Millennium Falcon.
ボバ・フェットは「銀河系最高の賞金稼ぎ」とも呼ばれる伝説の人物です。 父親のマンダロリアンの鎧と彼の船スレーブ I を受け継いだボバは、貴重な標的を狩る熟練のハンターとして名を馳せました。 ダース・ベイダーは彼に「破壊してはならん!」と念を押します。 ミレニアム・ファルコン号の追跡に彼を雇ったとき。

とのこと。

先程も申しましたように、フィギュア類はジェダイの帰還バージョンが多いような気がします。

個人的に、帝国の逆襲版でデキがいいのはMAFEXのものだと思う。

って、記事書きしてたつもりが、紹介記事ないことに愕然。

こんなやつね。

こいつのおかげでウチのアジトの賞金稼ぎコーナー、ようやく一段落ですわ。

MAFEX、ガチで細部がいいですもんね、

可動はイマイチなんですけど、塗装とかが本当にイイ!!

AI様にボバ・フェットのこと訊いてみよう。長いかなあ??

ボバ・フェットは、銀河一の賞金稼ぎとして名を馳せたクローン戦争の英雄ジャンゴ・フェットの息子であり、彼のクローンでもあります。

彼は父と同じくマンダロアの伝統的な装甲を身に着け、様々な武器やギミックを駆使して任務を遂行します。

彼は映画では『エピソード5/帝国の逆襲』と『エピソード6/ジェダイの帰還』に登場しましたが、その後も多くのスピンオフ作品で活躍しました。

最近では、ディズニープラスで配信されているドラマ『マンダロリアン』とそのスピンオフ『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』で再び注目を集めています。

ボバ・フェットの初登場は、1978年に放送されたテレビスペシャル『スター・ウォーズ ホリデー・スペシャル』のアニメパートでした1

この時はまだ彼の名前や素顔は明かされておらず、謎めいた存在でした。

映画本編では、1997年の《特別篇》以降の『エピソード4/新たなる希望』の修正版でカメオ出演しましたが2、正式には『エピソード5/帝国の逆襲』で反乱同盟軍のハン・ソロを捕らえるためにダース・ベイダーに雇われた賞金稼ぎたちの一人として登場しました3

彼は他の賞金稼ぎたちを巧みに出し抜き、ハン・ソロをカーボナイトで冷凍した状態でジャバ・ザ・ハットに届けることに成功しました4

彼はダース・ベイダーからもその腕前を認められており5、寡黙ながらも自信とプライドを持ったキャラクターとして描かれました。

『エピソード6/ジェダイの帰還』では、ジャバ・ザ・ハットの用心棒として雇われていましたが[6]、ルーク・スカイウォーカーたちがハン・ソロを救出しようとした際にルークと対決しました[7]。

しかし、視力が回復しなかったハン・ソロによってジェットパックを誤って破壊され、サルラックに飲み込まれてしまいました[8]。

この時点では彼は死んだものと思われていましたが、後に発表されたスピンオフ作品や小説などでは彼が生き延びたことが明かされました[9]。

『エピソード2/クローンの攻撃』では、彼の少年時代が描かれました[10]。

彼は父ジャンゴ・フェットからクローン戦争で使用されるクローントルーパーの原型となった遺伝子素材を提供する代償として、加速されないクローンとして生み出されました[11]。

彼は父から戦闘技術やマンダロアの文化を教えられて育ちましたが[12]、ジェダイの騎士オビ=ワン・ケノービとの戦闘で父を失ってしまいました[13]。

彼は父の遺体と装甲を回収し、その後賞金稼ぎとして活動するようになりました[14]。

『マンダロリアン』では、第2シーズンでボバ・フェットが再登場しました[15]。

彼は何とかサルラックから脱出したものの、タスケン・レイダーに捕まり奴隷とされていました[16]。

やがて彼はタスケン・レイダーの信頼を得て部族の一員となりましたが[17]、他種族との抗争により部族を皆殺しにされてしまいました[18]。

重傷を負ったところを救ったフェネック・シャンド(英語版)と組んで復讐を遂げるも[19]、失った自分のアーマーは見つからないままでした[20]。

その後、自分のアーマーを持っていることを知ったマンダロリアン(ディン・ジャリン)に接触し、アーマーの返還と引き換えに彼の任務を手伝うことになりました[21]。

彼はマンダロリアンやグローグー(英語版)と共闘し、帝国軍やダークトルーパー(英語版)と戦いました[22][23]。

最終的にはグローグーがジェダイのルーク・スカイウォーカーに引き取られるのを見届けた後[24]、ジャバ・ザ・ハットの元の縄張りを乗っ取ることに成功しました[25]。

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』では、ボバ・フェットがジャバ・ザ・ハットの縄張りを守るために様々な困難に立ち向かう様子が描かれます[26]。

また、彼がサルラックから脱出した直後から『マンダロリアン』第2シーズンまでの間に何が起こったかも回想シーンで明らかになります[27]。

このシリーズでは、ボバ・フェットが自分の過去やマンダロア人としてのアイデンティティに向き合い、銀河系で新たな地位を築こうとする姿が描かれます[28][29]。

以上が、ボバ・フェットについての詳細記事です。

ボバ・フェットはスター・ウォーズの世界で最も人気のあるキャラクターの一人であり、彼の物語はまだまだ続きます。今後も彼の活躍に注目してください。

やっぱり長め(笑)

それもそうか。訊き方工夫しないといかんよね。

でもボバ・フェットについてはこれくらい読んでもどうってことない。

映画初登場やタスケンの下り、ダーク・トルーパーの件は時系列的に変だけどさ。

これ、レジェンズの情報だけでも面白かったかも。

そのうちそういう訊き方もして見みましょうかね。

この記事は私が書いたよ!

アバター画像

マスター・テッド

まいにちたのしく!

TOP