こんにちは。マスター・テッドです。

今日は11月30日 木曜日。

11月もあっという間だったなあ・・・・。

がんばって参りましょう。

本日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20231130

スター・ウォーズ:エピソードⅡ-クローンの攻撃よりコルサント元老院の建物

なんだろうね、このタイトルも(笑)

でもまあ、そういう訳になるよなあ。

これは寺院だけど。

Google翻訳によると

Located in the heart of Coruscant’s Senate district is the dome-shaped Coruscant Senate building, which cuts a highly visible rounded silhouette into the planet’s skyline.
The building is home to the Galactic Senate chamber, where the Galactic Senate convenes for its meetings.
コルサントの上院地区の中心に位置するドーム型のコルサント上院の建物は、地球のスカイラインに非常に目立つ丸いシルエットを切り取っています。
この建物には銀河元老院議場があり、銀河元老院が会議のために招集されます。

とのこと。

特徴的な形状の建物ですよね。

歴史がありそうな感じ。

そのへんAI様に訊かなきゃね。

今回は、銀河系の政治と文化の中心地であるコルサントの元老院の建物の歴史について紹介したいと思います。元老院の建物とは、銀河共和国や銀河帝国の政府の本部として使われた巨大なドーム型の建築物です。元老院の建物はどのようにして建てられたのでしょうか?どのような重要な出来事がこの建物で行われたのでしょうか?それでは、元老院の建物の歴史に迫ってみましょう。

元老院の建物の概要

元老院の建物は、惑星コルサントのギャラクティック・シティの連邦地区に位置する、銀河系の政治の中心地でした1。元老院の建物は、銀河元老院の会議場としての役割を果たし、何千人という元老院議員がこの建物の会議場に集まり、共和国や帝国の諸問題について議論を交わしました2。元老院の建物は、円形ドームの直径が2キロメートルにも達する壮大な建物でした2。ドーム内の巨大会議場には、共和国に加盟している各惑星を代表する1,000名以上の議員のために、多数のプラットフォームが備わっていました2。プラットフォームは会議場の中心にある議長の演壇を取り囲むように回旋状に並んでいました2。議長の演壇は高さ30メートルで、共和国の最高議長や副議長、行政補佐官らがこの演壇につき、元老院の会議を統括しました2

元老院の建物の歴史

元老院の建物は、共和国創立初期に使われていた議会場に代わるものとして建てられました2。かつての小さな議会場はある種の親しみやすさがあったが、元老院の建物は成功裏に勢力を拡大する共和国の姿を反映した建物でした2。元老院の建物は、銀河系の政治史に残る重要なできごとがたびたび行われた場所でもありました。以下に、その一部を紹介します。

以上が、コルサントの元老院の建物の歴史についての紹介でした。元老院の建物は、銀河系の政治の舞台として多くの出来事を見届けた建物ですね。この建物はどのような運命を辿ったのでしょうか?

1.starwars.fandom.com 2.starwars.fandom.com 3.starwars.jp 4.starwars.fandom.com

そうですねえ、この建物どうなったのだろう。

最近のドラマではマンダロリアンのシーズン3くらいか、コルサント出たの。

今後出てくるだろうか??

これいいねえ!

お高いけどもクローン・トルーパーがたくさん入ってていいわあ。 

この記事は私が書いたよ!

アバター画像

マスター・テッド

まいにちたのしく!

TOP