ランド・カルリジアン Calendar 2023-12-11

広告
当サイトの記事には、広告リンクが含まれています。

こんにちは。マスター・テッドです。

今日は12月11日 月曜日。

がんばって参りましょう。

本日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20231211

スター・ウォーズ:エピソードⅥ-ジェダイの帰還よりランド・カルリジアン

このブログ、過去記事にも手を入れているのですが。

数年前のカレンダー記事でのランドの写真も、帝国の逆襲ではなくジャバの宮殿でのランドでした。

今回は作業中なのでリンクは貼りませんが。

なんでこのチョイスなんだ?暗くて見にくい上にランドの華々しい性格出てないじゃん??

Google翻訳によると

Lando Calrissian has a reputation for working with both sides of the galactic war. After leaving smuggling behind (for the most part), he becomes administrator of Cloud City. When Darth Vader threatens his city’s freedom, he agrees to turn over Han Solo, Chewbacca and Leia, However, Vader breaks their agreement, inciting Lando to enact a rescue mission.
ランド・カルリジアンは、銀河戦争の両側に協力することで知られています。 密輸を(ほとんど)辞めた後、彼はクラウドシティの管理者になります。 ダース・ベイダーが街の自由を脅かすと、ハン・ソロ、チューバッカ、レイアを引き渡すことに同意するが、ベイダーは合意を破り、ランドを扇動して救出作戦を実行する。

とのこと。

書いてることは帝国の逆襲。

写真もそうすればよかったのに。

有名キャラだけど、経歴とかAI様に訊いておきますか。

広告

ランド・カルリジアンとは?

ランド・カルリジアンは、スター・ウォーズシリーズに登場する人気のキャラクターです。彼は、ギャンブラー、詐欺師、実業家、反乱同盟軍の将軍など、様々な顔を持つ銀河の冒険家です。彼は、ハン・ソロの旧友であり、かつてはミレニアム・ファルコン号の船長でしたが、ソロに賭けで負けてしまいました。その後、雲の惑星ベスピンのクラウド・シティの執政官となり、帝国の脅威に対抗するためにソロたちを裏切ることになりますが、後に自分の過ちに気づいて彼らを救出し、反乱同盟軍に加わります。彼は、第2デス・スターの破壊に成功した英雄としても知られています。12

ランド・カルリジアンの出生と若年期

ランド・カルリジアンは、惑星ソッコーロで生まれました。彼の父親は、リンド・カルリジアンという名前で、彼もまたギャンブラーでした。ランドは、幼い頃からギャンブルや詐欺に興味を持ち、多くのトラブルに巻き込まれました。彼は、自分の才能を生かして銀河中を旅し、大金を手に入れたり失ったりする生活を送りました。彼は、多くの女性と交際し、しゃれた服装やアクセサリーを身につけることを好みました。彼は、20代になってようやくギャンブラーとして安定した収入を得ることができるようになりました。3

ランド・カルリジアンとハン・ソロの出会い

ランド・カルリジアンとハン・ソロの出会いは、犯罪組織クリムゾン・ドーンの仕事で惑星ケッセルのスパイス鉱山に潜入するために、ソロとその仲間がランドに協力を求めたことがきっかけでした。ランドは、自分の愛機であるミレニアム・ファルコン号を提供し、ソロたちと共にケッセルに向かいました。しかし、途中で帝国軍や海賊の攻撃に遭い、ランドの相棒であるドロイドのL3-37が破壊されました。ランドは、L3-37のナビゲーションシステムをファルコン号に移植し、ケッセルからの脱出に成功しました。その後、ソロとランドはサバックというカードゲームで対決し、ソロがファルコン号を手に入れました。この時、ランドはイカサマをしようとしたが、ソロに見破られてしまいました。4

ランド・カルリジアンとクラウド・シティ

ランド・カルリジアンは、ファルコン号を失った後、雲の惑星ベスピンのクラウド・シティを賭けで手に入れました。この惑星は、ティバナ・ガスという重要な採掘資源の産地でした。ランドは、このことに目をつけ、帝国に目をつけられないように、小規模ながら採掘事業を展開しました。彼は、都市の執政官として市民のためにまじめに働き、サイボーグの補佐官ロボトの力を借りて密貿易で利益を得ました。また、反乱同盟軍に物資の横流しをしていました。1

ランド・カルリジアンの裏切りと救済

ランド・カルリジアンは、帝国の逆襲で、帝国軍の追跡を逃れようとしていたハン・ソロとレイア・オーガナを惑星にかくまいました。しかし、実は、ボバ・フェットの報告により、ダース・ベイダーらがすでに到着していました。ランドは、自分の星を帝国から守るためにやむをえずソロを裏切り、その身柄を引き渡しました。ソロは、カーボナイト凍結されてジャバ・ザ・ハットに送られました。しかし、のちにベイダーが彼との当初の約束を反古にして、レイア姫とチューバッカまでも帝国に連行しようとしたため、ランドは自分の過ちに気づきました。彼は、機転を利かせロボトと協力して2人を救出し、帝国に乗っ取られたクラウド・シティから脱出しました。その後、ソロを救出するためにチューバッカと共にタトゥイーンに向かいました。1

ランド・カルリジアンの英雄としての活躍

ランド・カルリジアンは、ジェダイの帰還で、反乱同盟軍の将軍に任じられました。彼は、傭兵としてジャバの宮殿に潜り込み、情報の収集と救出の機会を伺っていました。同じく救出にやってきたルーク・スカイウォーカーの反撃に呼応して、自らもジャバの手下を撃退した後、救出したソロと共に脱出しました。その後、帝国軍の第2デス・スター破壊のための突撃隊長の任を受けました。この時、ソロ自身の頼みからミレニアム・ファルコンに搭乗し、帝国軍の猛攻撃をかいくぐりながら、デス・スター中枢部の破壊に成功しました。彼は、銀河の平和のために大きな功績をあげました。

ランド・カルリジアンのその後の人生

ランド・カルリジアンは、デス・スターの破壊後、反乱同盟軍の一員として銀河の再建に尽力しました。彼は、惑星ナブーの解放や惑星ジャクーの戦いなどに参加しました。彼は、自分の友人であるルークやレイア、チューバッカとも交流を続けました。彼は、また、自分の故郷であるソッコーロに戻り、そこで新たな恋人と出会いました。彼は、彼女との間に一人息子をもうけました。彼の息子の名前は、ランド・カルリジアン・ジュニアといいました。

ランド・カルリジアンの特徴と魅力

ランド・カルリジアンは、スター・ウォーズの中でも最もカリスマ性のあるキャラクターの一人です。彼は、自分の利益のためには手段を選ばない一面もありますが、本質的には正義感と友情に厚い人物です。彼は、自分の過ちを認めて許しを請うこともできます。彼は、自分の魅力と口調で多くの人々を惹きつけます。彼は、ドロイドやエイリアンに対しても偏見を持たず、彼らとも仲良くなれます。彼は、自分の能力と経験を生かして、銀河の歴史に名を残すことになりました。


1. en.wikipedia.org
 2. ja.wikipedia.org 3. starwars-universe.fandom.com 4. ign.com 5. starwars.com 6. font-generator.com 7. fontspace.com 8. fontmeme.com

あれ、長男いたのか。

ジュニア、と聞くとすぐ冒険しそうな感じに思えてくるのは別の映画の影響が大きいのでしょうね。

さすがは準主役級キャラ。

フィギュアのバリエーションも多い。

そういやランドのスピンオフってどうなったんだ?

チャイルディッシュ・ガンビーノ、好きなんだけどな??

コメント

タイトルとURLをコピーしました