こんにちは。マスター・テッドです。

今日は12月28日 木曜日。

がんばって参りましょう。

本日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20231228

スター・ウォーズ:エピソードⅣ-新たなる希望よりモス・アイズリー・カンティーナ

木曜日は場所とか惑星の紹介でしたね。

ここも超有名な場所です。

ウィルズ銀河ではそんなに有名じゃ無い可能性もありますが。

コレ↑買ったなあ。

懐かしい!!

Google翻訳によると

The Mos Eisley Cantina can be even more dangerous and lawless than the spaceport surrounding it. Since it’s a popular hangout for visiting pilots and smugglers, it’s the perfect place to hire a starship crew for the right price, or to find willing individuals for more unsavory jobs.
モス・アイズリーのカンティーナは、周囲の宇宙港よりもさらに危険で無法地帯である可能性があります。 ここはパイロットや密航業者のたまり場として人気があるため、適正な価格で宇宙船の乗組員を雇ったり、より不快な仕事を引き受けてくれる人材を見つけるのに最適な場所です。

とのこと。

適正価格で飛べるというのはいいですねえ。

価格交渉の前に「気に入らねえ」という理由で大変な目に遭う可能性もありますが。

音楽も含め、お酒を飲むことが出来なかった1978年の初見時には「酒場」というキーワードだけでもワクワクしたものでした。

いつ聴いてもいい曲だなあ。

AI様にはこの曲の背景とか訊きましょうか。

「酒場のバンド」とは、砂漠の惑星タトゥイーンのモス・アイズリー宇宙港にあるチャルマンの酒場で演奏するエイリアンのバンドのことで、エピソード4でルーク・スカイウォーカーとオビ=ワン・ケノービがハン・ソロやチューバッカと出会ったシーンで有名です1。このバンドは、フィグリン・ダンとモーダル・ノーズという名前で知られており、ジャズに似た独特の音楽を奏でています2。では、このバンドはどのようにして誕生したのでしょうか。以下の見出しで、その制作過程や影響を詳しく見ていきましょう。

バンドの制作過程

「酒場のバンド」の制作過程は、スター・ウォーズの原作者であるジョージ・ルーカスのアイデアから始まりました。ルーカスは、酒場のシーンで異星人のバンドが演奏するという構想を持っていましたが、その音楽のジャンルやスタイルについては明確に決めていませんでした3。そこで、ルーカスは音楽監督のジョン・ウィリアムズに相談しました。ウィリアムズは、ルーカスの要望に応えるために、様々な音楽のサンプルを用意しました。その中には、ジャズやロック、カントリー、ラテン、レゲエなどの現代の音楽だけでなく、中世の音楽や民族音楽、さらには未来的な音楽も含まれていました3。しかし、ルーカスはどれも気に入らず、最終的には1930年代のジャズのレコードを聴いていたときに、ひらめきを得たと言われています3。ルーカスは、そのレコードに収録されていたベニー・グッドマンの「Sing, Sing, Sing」に感銘を受け、その曲のテンポやリズム、楽器の使い方を参考にして、酒場のバンドの音楽を作るようにウィリアムズに依頼しました3

ウィリアムズは、ルーカスの指示に従って、ジャズの要素を取り入れた音楽を作りました。しかし、そのままではあまりにも現代的であり、銀河系の辺境の酒場で演奏される音楽としては不自然だと感じました3。そこで、ウィリアムズは、音楽の録音や再生に関する技術的な工夫を施しました。具体的には、音楽を録音したテープを逆回転させたり、音程や速度を変えたり、エコーやディストーションなどのエフェクトをかけたりしました3。これによって、音楽はより異質でエキゾチックな雰囲気を持つようになりました3。また、ウィリアムズは、バンドのメンバーが演奏する楽器についても考えました。彼は、実際に存在する楽器を使うのではなく、架空の楽器を作ることにしました3。そのために、彼は様々な物を組み合わせて、独自の楽器を作りました。例えば、バンドのリーダーであるフィグリン・ダンが演奏する楽器は、クラリネットのような管楽器と、ギターのような弦楽器を組み合わせたものでした3。このようにして、ウィリアムズは、酒場のバンドの音楽と楽器を作り上げました。

バンドの影響

「酒場のバンド」の音楽は、スター・ウォーズのファンや音楽愛好家に大きな影響を与えました。この音楽は、スター・ウォーズのサウンドトラックの中でも特に人気の高い曲の一つとなり、1977年にはディスコ・ミュージシャンのメコによってリミックスされたバージョンが全米チャートの1位になりました4。また、この音楽は、ジャズやロックなどの現代の音楽と、異星人の音楽との融合という斬新なアイデアを示したことで、音楽の創作における新たな可能性を広げました5。さらに、この音楽は、スター・ウォーズの世界観においても重要な役割を果たしました。この音楽は、銀河系の辺境に住む異種族の人々の文化や生活を表現するとともに、彼らの間にも音楽を通じたコミュニケーションや楽しみがあることを示しました5。また、この音楽は、スター・ウォーズのシリーズにおいても何度も登場し、酒場のバンドのメンバーや楽器に関するさまざまなエピソードや設定が作られました2。このように、「酒場のバンド」は、スター・ウォーズの音楽と世界観に大きな影響を与えたバンドなのです。

以上が、「酒場のバンド」が生まれた背景についての紹介でした。「酒場のバンド」は、ジョージ・ルーカスとジョン・ウィリアムズのアイデアと技術によって誕生し、スター・ウォーズのファンや音楽愛好家に愛される音楽を作り出しました。このバンドは、スター・ウォーズの中でも特に印象的なシーンの一つを彩るだけでなく、銀河系の辺境の人々の文化や生活を表現する重要な要素となりました。

1starwars.fandom.com
2starwars.jp
3rakuto-underground.com
4movie.studiorag.com
5starwars.fandom.com
6starwars.jp

メコじゃなくてミーコだと思うんですがね。

今日はカンティーナのオーナー、チャルマンについての記事でもよかったか(笑)

まあいいか!!

ネヴァロもいいとこ、一度はおいで!

カウンターの上のグッズがなんともいいですなあ。

これで40ドル、安い方では?

フィギュアはデス・トルーパーしかついてないけどね!!

この記事は私が書いたよ!

アバター画像

マスター・テッド

まいにちたのしく!

TOP