Xウイング・ファイター/Xウイング・ファイター ポー専用機 【バンダイ 1/72】

こんにちは。マスター・テッドです。

スカイウォーカーの夜明け、終映しちゃいましたねえ。

で、円盤商品の発表もあり。いつもならその紹介とかしてるのですが。

今回は特典に魅力を感じなくて(笑)

ワタクシは普通のスチールブックを買います。

その代わりと言っちゃあ何ですが、今回はスカイウォーカーの夜明けに登場したXウイング・ファイターをご紹介です!

 

ってかこの限定版のパッケージ、T-65が登場してるじゃんか。

 

Xウイング・ファイター

スカイウォーカーの夜明けでは、Xウイングの配色が前2作から大幅に変更になりました。

好みの問題もあるのでしょうが、ワタクシはこれがあんまり好きではなくて・・・・。

だってあまりにもおもちゃっぽいんだもん。

それでも主役ポジションですからねえ。

以前の記事でもこう書いていました。

スカイウォーカーの夜明けでのXウイング、あのヘンなカラーリングもイヤなんですが。

この帯もなくなってるんですよね。

改悪だ!!

もうなんともならんのでしょうが。

せめてプラモデルを買わないことで心のレジスタンスとしよう(笑)

でもなんで買っちゃってるのか?

それはバンダイスピリッツさんの心意気に胸打たれたからです。

きっと、これまで出ていたXウイング・ファイターにシールとか使ってこのヘンな配色を再現するだろうと思っていたのですが。

なんと金型を新たに起こしてるではないですか。

しかも既存品との組み合わせとか、大変な作業をおこなっておられる。

これは買わねばならない!涙なくして語れない!!

というわけでポー・ダメロン機を購入。

その後、新商品としてはあり得ないほど価格が下がったので一般機も購入。

すばらしいぞバンダイスピリッツ!!

それにしても一般機、どこに出てきたの??

円盤買ったら確認しよっと。

 

パッケージ

いつものように外箱から。

かっこいいですなあ。

エクセゴルでのシーンですよね、両方とも。

 

側面の表現はほぼ同じ。

このおもちゃっぽい配色もちゃんと塗装してデカールとか貼ったら兵器感が出るのは不思議。

それにしてもオレンジ目立ちすぎやろ。ポーの好みかねえ。

 

反対側の側面。

かっこいいではないですか!!

やっぱりXウイングはいいものだねえ。

 

 

 

中身

早速中身をば。

両方とも、3袋からなります。

 

一番違うのはこのカラーリング部分ですね。

やっぱり個人的に緑が好き。

型は同じ物かな?ランナー番号は一緒でした。

 

付属ドロイドも異なります。

左のE1がポー専用機のR2-D2。

右のE2は一般機でR6-D8。

しかしなんでR6ユニットなんだ~。R5ユニットなら少し塗装が楽なのに(笑)

 

比較するならコレともしなきゃだよね。

最後のジェダイでのXウイング・ファイター。

こいつとの差違を。

 

箱の厚みからして違いますなあ。

あと、バンダイの赤ロゴがいいねえ。青ロゴに慣れたから。

 

あれ、左が見切れてるな。

まあいいや。

ランナーの数はこんなに違う。

スカイウォーカーの夜明け版は不要部品も多いんだけどね。

 

Aパーツ、同一かと思いきや。

右がスカイウォーカーの夜明け版ね。

左上側、アストロメクドロイドと一部パーツが省略されてる。

 

Cパーツ。

上のほうの集合写真では向きを間違ってるけど。

Aパーツで省略された部品がここにきています。

銀色になったのね。

 

今回の新規金型分。

やるなあ、バンダイスピリッツ。

まさか型起こしなおすとは思わなかったよ。

 

ホワイトバランスがおかしいけれど。

このねえ、スライドゲート部分とかいつものコトながらよく出来てると思うんだ。

追加で型起こしたのに値上げ幅そこまでなかったし。

さらに一般機は破格値で売られてるし。

大丈夫かなあ。

 

R2-D2もしっかり再現。

よく出来てるねえ。

 

いつ作る?

当分先。

お仕事が多いんで。

システムもまだ出来上がらない。

でもねえ、一般機は作ってみたいんだよねえ。

T-70型のXウイング、作ってて楽しいから。

作りやすいし。

フォースの覚醒版はもっとお安いのでおすすめ!!

 

それにしてもXウイング。

この他にレッド5とポー専用機が2機。

あと1/48のが積んであります。

じっくり作る時間が欲しい!睡眠削ろうかな??

投稿者プロフィール

マスター・テッド
マスター・テッド
まいにちたのしく!