こんにちは。マスター・テッドです。

今日は8月18日 金曜日。

がんばって参りましょう。

本日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20230818

スター・ウォーズ:エピソードⅢ-シスの復讐よりインヴィジブル・ハンド

ポッキリ折れちゃう船ですね!

プラモも高いねえ・・・。

Google翻訳によると

This fearsome Providence-class dreadnought contains a devastating arsenal, including 20 

General Grievousdroid starfighter squadrons, 100 torpedo launchers, and numerous cannons. It’s commanded by the fearsome  during his raid on Coruscant and subsequent capture of Supreme Chancellor Palpatine.
この恐ろしいプロビデンス級弩級戦艦には、20機のドロイド スターファイター飛行中隊、100機の魚雷発射管、多数の大砲を含む破壊的な兵器庫が搭載されています。 コルサントを襲撃し、その後最高議長パルパティーンを捕らえた際、恐るべきグリーヴァス将軍が指揮を執りました。

とのこと。

相当強い艦船なんだけど、そこまでトンデモ設定ではないと思う。

艦砲戦、だいぶ見応えありましたよねえ。

こんなに艦船同士の戦いが凄かったのはこれ以降出てきませんもんね。

傑作ローグ・ワンですらスターデストロイヤーは砲門開かないし。まるでパルパルの指示受けたジェダイの帰還みたいだった。

エピソードⅢって、ホント見どころ多い。

今回は、スター・ウォーズの世界で恐れられた戦闘艦であるプロビデンス級弩級戦艦の詳細について紹介したいと思います。

プロビデンス級弩級戦艦とは、クワット・ドライブ・ヤード社が製造した巨大な宇宙船で、分離主義者連合の旗艦としてクローン戦争に参加しました。この艦は、長さ1,088メートル、幅396メートル、高さ268メートルという驚異的なサイズを誇り、14基のターボレーザー砲塔、34基のレーザー砲塔、12基のポイント・ディフェンス砲塔、6基のプロトン魚雷発射管などの重武装を備えていました。また、内部には最大1,500機のドロイド・スターファイターやドロイド・ボムなどの小型船を搭載できるほか、10,000体以上のバトル・ドロイドやドロイデカなどの地上部隊も収容できました12

プロビデンス級弩級戦艦は、分離主義者連合の最高指導者である伯爵ドゥークーをはじめとする多くの重要人物や司令官が乗艦していました。例えば、グリーヴァス将軍は「インヴィジブル・ハンド」という名前のプロビデンス級弩級戦艦を自らの旗艦として使用しました。この艦はコルサントの戦いで共和国軍と交戦し、最終的には共和国軍のアナキン・スカイウォーカーとオビ=ワン・ケノービによって撃墜されました3

プロビデンス級弩級戦艦は、その巨大さと火力から共和国軍にとって大きな脅威でしたが、それだけに目立つ存在でもありました。そのため、共和国軍はこの艦を優先的に攻撃することが多く、多くのプロビデンス級弩級戦艦が撃沈されました。しかし、分離主義者連合もこの艦を大量に生産し、クローン戦争を通して共和国軍に対抗し続けました12

以上が、プロビデンス級弩級戦艦の詳細についての紹介でした。プロビデンス級弩級戦艦は、分離主義者連合の主力艦としてクローン戦争における数々の歴史的な出来事に関わりました。その姿は、銀河系で最も恐ろしい兵器のひとつとして記憶されています。

うわ、思ったよりデカくてトンデモな艦だ(笑)

でもまあ、クローン戦争の頃だから、って納得出来ちゃう。

ファースト・オーダーのもちものってこれより強くなったりしてますよねえ。

やっぱりルーカス期のものってよく出来てる。

たのむぞ、ディブ・フィローニ!!今後も素晴らしいスター・ウォーズを頼むぜ!!

これってかっこいいよなあ!

こういうポージングさせたいものですよ。 

この記事は私が書いたよ!

アバター画像

マスター・テッド

まいにちたのしく!

TOP