こんにちは。マスター・テッドです。

今日は12月8日 金曜日。

がんばって参りましょう。

本日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20231208

スター・ウォーズ:エピソードⅥ-ジェダイの帰還よりエグゼクター

Google翻訳さんは「執行者」と訳してくれました。

まあ、そうなんだよね。

Google翻訳によると

Darth Vader’s mighty flagship, the Executor, leads the Empire’s attack on Hoth; pursues Luke, Han and Leia to Cloud City; and eventually meets its end during the Battle of Endor, A collision with a rebel A-wing starfighter causes the Executor to smash into the Death Star, where it explodes.
ダース・ベイダーの強力な旗艦であるエグゼクターは、ホスに対する帝国の攻撃を指揮します。 ルーク、ハン、レイアを追ってクラウドシティへ。 そして最終的にエンドアの戦いで最期を迎える。反乱軍のAウィング・スターファイターとの衝突により、エグゼクターはデス・スターに激突し、そこで爆発する。

とのこと。

このカレンダーもさあ、どうしてこの写真選んだのかねえ。

説明にもAウィングの件、触れられてるけど沈没する絵でなくてもいいのに。

帝国の逆襲で、スターデストロイヤーを数隻従えて航行する姿の方が良かったけどなあ、個人的には。

これ、ファースト・オーダーのトンデモ兵器にも劣らないトンデモ兵器なのですが。

詳細をAI様に訊いてみましょう。

エグゼクターとは

エグゼクターは、エグゼクター級スター・ドレッドノートという型式の艦船で、銀河帝国の最大かつ最強の宇宙船のひとつです1。全長は19,000メートルと、インペリアル級スター・デストロイヤーの約11倍もあります2。エグゼクターは、5,000を超えるターボレーザーやイオン砲などの重火器を搭載しており、1,000隻以上の宇宙船やウォーカーなどの補助装備も持っています1。エグゼクターは、シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーの個人的な旗艦として使用されており、デス小艦隊と呼ばれる艦隊の司令船を務めていました3

エグゼクターの歴史

エグゼクターは、クワット・ドライブ・ヤード社によって製造されました1。ヤヴィンの戦いの後、銀河帝国は反乱同盟軍の基地を探すために、ダース・ヴェイダーとデス小艦隊に捜索任務を与えました3。エグゼクターは、ヴェイダーの旧旗艦であるインペリアル級スター・デストロイヤー・デヴァステイターに代わって、新たな旗艦となりました。

エグゼクターは、クローン戦争の最終局面において、ケイト・ニモーディアを制圧した共和国軍のジェダイ・プロ・クーンを殺害したオーダー66の実行者のひとりであるクローン・パイロット・ジャガーの兄弟であるクローン・パイロット・ジャイルが操縦していました。

エグゼクターは、ホスの戦いに参加しました3。この戦いでは、反乱同盟軍の秘密基地を発見したエグゼクターは、艦隊を率いてホス星系にハイパースペース・ジャンプしましたが、反乱軍に気づかれてしまいました。エグゼクターの提督であったケンダル・オッゼルは、ヴェイダーによって処刑され、ファーマス・ピエットが後任となりました。エグゼクターは、反乱軍の脱出を阻止しようとしましたが、ミレニアム・ファルコンなどの反乱軍の船は小惑星帯に逃げ込みました。エグゼクターは、賞金稼ぎたちを雇って反乱軍の追跡を続けましたが、ボバ・フェットに先を越されました。

エグゼクターは、ベスピンの戦いにも参加しました3。この戦いでは、ヴェイダーはベスピンのガス巨星にあるクラウド・シティに潜入し、ミレニアム・ファルコンに乗っていたハン・ソロやレイア・オーガナなどの反乱軍の重要人物を捕らえようとしました。ヴェイダーは、ソロをカーボナイトに凍結してフェットに渡し、オーガナやチューバッカ、ランド・カルリジアンをエグゼクターに連行しました。しかし、ルーク・スカイウォーカーが救出に現れ、ヴェイダーと対決しました。ヴェイダーは、スカイウォーカーが自分の息子であることを明かし、一緒に帝国に仕えるよう誘いましたが、スカイウォーカーは拒否しました。スカイウォーカーは、ヴェイダーに右手を切り落とされた後、クラウド・シティの下に落ちましたが、ミレニアム・ファルコンに救出されました。エグゼクターは、ミレニアム・ファルコンを追撃しましたが、逃げられてしまいました。

エグゼクターは、エンドアの戦いにも参加しました3。この戦いでは、エグゼクターは、エンドアの月の軌道に建造されていた第2デス・スターの防衛にあたりました。エグゼクターは、デス小艦隊の旗艦として、反乱同盟軍の艦隊を待ち伏せしましたが、反乱軍はデス・スターのスーパーレーザーが既に稼働していることに気づきました。反乱軍は、デス・スターのシールド発生装置を破壊するためにエンドアの月に降下した部隊の援護のために、エグゼクターを含む帝国の艦隊と至近距離での戦闘を開始しました。エグゼクターは、反乱軍の艦船と激しく交戦しましたが、反乱軍のAウイング・スターファイターがエグゼクターのブリッジに激突し、制御を失いました。エグゼクターは、デス・スターの表面に墜落し、爆発しました。

エグゼクターの役割

エグゼクターは、銀河帝国の最高の艦船のひとつとして、多くの戦闘や任務に参加しました。エグゼクターは、ダース・ヴェイダーの旗艦として、彼の彼の意志や命令を実行しました。

エグゼクターは、反乱同盟軍の基地や艦隊を探索したり、攻撃したり、追跡したりしました。エグゼクターは、銀河帝国の恐怖と威厳を体現する艦船でした。エグゼクターは、デス・スターのような超兵器に頼らずに、銀河の覇権を維持しようとする帝国の姿勢を示す艦船でもありました。

エグゼクターは、スター・ウォーズの世界において、非常に印象的な艦船です。エグゼクターは、ダース・ヴェイダーのカリスマ性や力を反映する艦船と言えるでしょう。エグゼクターは、多くの戦闘や任務において、帝国の強さや残酷さを見せつけました。

1. starwars.fandom.com 2. starwars.fandom.com 3. starwars.com

普通のスターデストロイヤーの11倍て!どんだけデカイ兵器なんでしょうねえ。

そしてこれで歴史はわかりますね!

この商品、笑ってしまうくらいデカいですね。

131cmだって。

日本の住宅向けではありませんなあ!!

この記事は私が書いたよ!

アバター画像

マスター・テッド

まいにちたのしく!

TOP