ハックス将軍 Calendar 2023-12-18

広告
当サイトの記事には、広告リンクが含まれています。

こんにちは。マスター・テッドです。

今日は12月18日 月曜日。

がんばって参りましょう。

本日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20231218

スター・ウォーズ:エピソードⅦ-フォースの覚醒よりハックス将軍

いわゆる、ハグス。青っちょろい奴。

フォースの覚醒の頃からするとコメディリリーフ道も極まれり、なんだなあ。

これはマウスドロイドもついてお得。

Google翻訳によると

General Hux, ruthless young officer in the First Order, is responsible for the deaths of billions- it’s under his command that the Starkiller weapon is successfully fired into the heavily populated Hosnian system, devastating the New Republic. As a man craving power and lacking scruples, Hux takes pleasure in the thought of bringing down both the Resistance and his personal rival, Kylo Ren.
ファースト・オーダーの冷酷な若い士官であるハックス将軍は、数十億人の死の責任を負っています。スターキラー兵器が人口の多いホスニア星系に発射され、新共和国を壊滅させることは彼の指揮下で成功しました。 権力を渇望しつつも良心の呵責に欠ける男として、ハックスはレジスタンスと彼の個人的なライバルであるカイロ・レンの両方を倒すことを考えることに喜びを感じています。

とのこと。

Google翻訳、「ハックス全般」と訳したのには笑ってしまった。

まあ、大量殺人者ですよね。

ルークもデス・スターを破壊したことからかなりの数殺めていますがその比では無い。

アソーカに出てきたジオノ議員も犠牲になってますねえ。

それにしてもカズーダはあの父親の元でまともに育ったなあ。

最期が残念過ぎたハックス将軍ですが、「いちおう」AI様に軍歴を訊いておきましょう

スター・ウォーズの続三部作に登場するハックス将軍は、ファースト・オーダーの最高司令部に仕える将校で、超兵器スターキラー基地の指揮官を務めました。彼は科学とテクノロジーを信奉し、ダークサイドの戦士カイロ・レンとはライバル関係にありました。しかし、物語の中で彼の立場や役割は大きく変化していきます。

ハックス将軍の出自と軍歴

ハックス将軍の出自は、旧銀河帝国時代に惑星アケニスに生まれたことから始まります。彼の父親はアケニス・アカデミーの司令官で、厳しい訓練を行っていました。ハックスは父親の影響を受けて、ファースト・オーダーのもとで同じような訓練プログラムを採用し、強大な軍隊を築き上げました12

ハックスはスターキラー基地の司令官として、最高指導者スノークに仕えました。彼はルーク・スカイウォーカーの居場所を示す地図の回収任務をカイロ・レンと共に与えられましたが、レジスタンスに地図を奪われました。しかし、これを機に、ハックスはスノークに新共和国への超兵器使用を進言し、許可を得ました。彼は自分が訓練した大勢のストームトルーパーたちを前に、新共和国に対して「今日こそ、終わりの日だ!」と大演説を行いました34

新共和国の首都があるホズニアン・プライム星系は、スターキラーの攻撃によって全滅しました。ハックスは次にレジスタンスの本部があるディカーを狙いましたが、スターキラー基地はレジスタンスの奇襲によって破壊され、ハックスたちは脱出を余儀なくされました34

その後、スノークがカイロ・レンによって倒されたことで、ハックスはカイロ・レンの配下につくことになりました。彼はカイロ・レンが最高指導者となり、ファイナル・オーダーと呼ばれる新たな艦隊を率いることを知りました。しかし、ハックスはカイロ・レンに反感を持ち、レジスタンスのスパイとなりました。彼はレジスタンスにファイナル・オーダーの情報を流し、カイロ・レンを倒すことを望みました56

しかし、ハックスの裏切りは、新たな上司であるプライド将軍に見抜かれていました。ハックスはプライド将軍に射殺され、その死体はカイロ・レンの前に投げ捨てられました56

ハックス将軍を演じたドーナル・グリーソンの舞台裏

ハックス将軍を演じたのは、アイルランド出身の俳優ドーナル・グリーソンです。彼は「ハリー・ポッター」シリーズでビル・ウィーズリーを演じたことでも知られています。また、「エクス・マキナ」ではポー・ダメロン役のオスカー・アイザックと共演しています7

グリーソンは「スター・ウォーズ」シリーズに出演することについて、「僕はスター・ウォーズの大ファンだったから、このオファーは信じられなかったよ。でも、それと同時に、僕はこの役をやり遂げられるのだろうかという不安もあった。ハックスはとても厳格で冷酷なキャラクターだから、僕とは正反対だったんだ。だから、僕は彼の心理を探るのに苦労したよ」と語っています。

グリーソンはハックス将軍の役作りのために、ナチスのプロパガンダ映画の監督であったレニ・リーフェンシュタールのドキュメンタリーを観たり、第二次世界大戦の歴史書を読んだりしたと言います。また、ハックスの衣装は、旧銀河帝国の将校の制服に似ているものの、より洗練されたデザインになっていると述べています。

グリーソンはハックス将軍の演技について、「彼はとても野心的で、自分の地位を守ろうと必死なんだ。だから、彼は常に緊張していて、周りの人間に対して敵意を持っている。彼はカイロ・レンとは対立する存在で、彼の力に嫉妬している。彼は自分の力を示そうとして、スノークに忠誠を誓っている。でも、彼はスノークにも恐れを抱いているんだ。彼は自分の感情を抑え込んでいるけど、時々爆発してしまうんだ」と分析しています。

グリーソンは「スカイウォーカーの夜明け」でハックスがレジスタンスのスパイだったことを知ったときの反応について、「僕はその展開に驚いたよ。でも、それはハックスにとっては理にかなっていると思った。彼はカイロ・レンを憎んでいて、彼を倒すためなら何でもするんだ。彼はレジスタンスのためにスパイだったことを知っている。彼は自分の命を賭けて、レジスタンスに協力したんだ。でも、彼は最後に裏切られて、殺されてしまった。彼は悲劇的なキャラクターだったと思う」と語っています。

グリーソンはハックス将軍の役を演じることについて、「僕はこの役をとても楽しんだよ。彼はとても複雑で、面白いキャラクターだった。彼は悪役だけど、彼なりの理由があって、彼なりの感情があった。彼はスター・ウォーズの世界において、重要な役割を果たしたと思う。僕は彼の一部になれたことに感謝している」と感想を述べています。

1starwars.fandom.com
2ja.wikipedia.org
3getnews.jp
4theriver.jp
5ciatr.jp
6dic.pixiv.net
7ja.wikipedia.org

マンダロリアンのシーズン3にも出てきたお父さんの話はあんまりなかったな。

お父さんを演じたのはドーナル・グリーソンの兄だったか弟だったかでしたよね。

今後マンドーバースはどうなっていくのでしょうなあ。

アメリカは広いから家にもこういう等身大カードボード置けるんだろうか。

そもそも、これは個人宅に置くものかどうかも不明(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました