インペリアル・スター・デストロイヤー Calendar 2023-09-15

こんにちは。マスター・テッドです。

今日は9月15日 金曜日。

がんばって参りましょう。

本日のスター・ウォーズ カレンダー画像はこれ。

20230915

スター・ウォーズ:エピソードⅤ-帝国の逆襲よりインペリアル・スター・デストロイヤー

大物兵器きた!

これ、はやく作らなきゃね。素組でもいい出来だし。

関連記事

こんにちは。マスター・テッドです。 ついにバンダイのスター・デストロイヤーが発売されました! いや~、待ってました!注文履歴を見ると2月上旬なんだよな。 2/11にそれ関連の記事書いてるし。 [blogcard url="htt[…]

 

Google翻訳によると

The wedge-shaped Imperial Star Destroyer is the chief warship of the Imperial Navy, a capital ship bristling with weapons, wings of TIE fighters and a contingent of 9,700
stormtroopers, 9,235 officers and more than 27,000 enlisted soldiers. The shadow of the ship alone on the planet’s surface brings results.
くさび形のインペリアル・スター・デストロイヤーは帝国海軍の主力艦であり、兵器、タイ・ファイター、9,700 名の部隊を満載した主力艦です。
ストームトルーパー、9,235人の士官、27,000人以上の下士官。 惑星の表面にある船の影だけが結果をもたらします。

とのこと。

トンデモ兵器ですねえ!

それにしてもエピソードⅣ冒頭のシーンには度肝を抜かれました。

映画館のでっかいスクリーンを覆い尽くすくさび形の船体。

もうね、あれで日常から遙か遠くの銀河へトリップしちゃいましたもんね。

今見てもやっぱりすごいもんね。

インペリアル・スター・デストロイヤーとは、スター・ウォーズの世界に登場する銀河帝国の主力艦で、その特徴的なくさび形の船体はターボレーザーやトラクタービームで覆い尽くされています。この艦は銀河系の各地に配備され、反乱軍や他の敵対勢力を討伐する役割を果たしていました。この艦の生産や設計、武装や役割について、詳しく見ていきましょう。

インペリアル・スター・デストロイヤーの生産

インペリアル・スター・デストロイヤーはクワット・ドライブ・ヤード社が製造したインペリアル級スター・デストロイヤーの一種で、全長は約1,600メートルです1。この艦はクローン戦争期に銀河共和国が使用したヴェネター級スター・デストロイヤーの後継機種であり、クローン戦争終結後に銀河帝国が建造を開始しました2。この艦は銀河帝国の絶頂期には数千隻も生産され、銀河系全域に展開されました3。この艦はインペリアルI級とインペリアルII級の二種類があり、後者は前者の改良型でした。

インペリアル・スター・デストロイヤーの設計

インペリアル・スター・デストロイヤーはくさび型の船体を持ち、その形状は敵に対する威圧感や攻撃力を表していました。船体は灰色一色に塗装されており、赤いマーキングはほとんどありませんでした。船体上部にはブリッジやシールド発生装置が設置されており、船体下部にはハンガーベイやトラクタービーム発生装置が設置されていました。船体内部には乗組員や兵員の区画や兵器庫などがありました。

インペリアル・スター・デストロイヤーの武装

インペリアル・スター・デストロイヤーは多数の火器を搭載しており、その火力は他の艦船を圧倒していました。主な武装としては以下のものがあります。

  • XX-9重ターボレーザー砲塔:60基搭載されており、敵のシールドや装甲を貫通するほどの威力を持っていました。
  • NK-7イオン砲:60門搭載されており、敵の電子機器やエンジンを無力化することができました。
  • 07トラクタービーム発生装置:10基搭載されており、敵の宇宙船を捕捉してハンガーベイに引き込むことができました。
  • その他のターボレーザーやイオン砲:二連重ターボレーザー砲塔6基、四連重ターボレーザー2門、三連中型ターボレーザー3門、中型ターボレーザー2門などが搭載されており、各方向に対する防御力を高めていました。

インペリアル・スター・デストロイヤーの役割

インペリアル・スター・デストロイヤーは銀河帝国の主力艦であり、その役割は多岐にわたっていました。主な役割としては以下のものがあります。

  • 主力艦:インペリアル・スター・デストロイヤーは帝国の艦隊の中核となり、敵の艦隊と交戦することができました。その圧倒的な火力と耐久力で敵を撃破することができました。
  • バトルシップ:インペリアル・スター・デストロイヤーは惑星や基地に対する砲撃を行うことができました。その威力は惑星の表面を焼き尽くすほどでした。
  • 旗艦:インペリアル・スター・デストロイヤーは帝国の高官や提督が乗艦することが多く、その指揮下に他の艦船を従えることができました。その中でも最も有名な旗艦はダース・ベイダーが乗艦したエグゼクターでした。
  • キャリアー:インペリアル・スター・デストロイヤーはTIEファイターやシャトルなどの攻撃船や輸送船を搭載することができました。またAT-ATやAT-STなどの歩兵部隊も運ぶことができました。

まとめ

スター・ウォーズの世界におけるインペリアル・スター・デストロイヤーは銀河帝国の主力艦であり、その特徴的なくさび形の船体はターボレーザーやトラクタービームで覆い尽くされています。この艦は銀河系の各地に配備され、反乱軍や他の敵対勢力を討伐する役割を果たしていました。この艦はクワット・ドライブ・ヤード社が製造したインペリアル級スター・デストロイヤーの一種であり、全長は約1,600メートルです。この艦は多数の火器を搭載しており、その火力は他の艦船を圧倒していました。この艦は主力艦やバトルシップや旗艦やキャリアーなどの多岐にわたる役割を果たしていました。

参考文献

1: インペリアルI級スター・デストロイヤー | Wookieepedia | Fandom 2: スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 3:

さすがスター・デストロイヤー。

情報がたくさんありますよね。

それにしても、なんでローグ・ワンではスター・デストロイヤーは発砲しなかったのだろう。

宝の持ち腐れでしたよねえ。

タイ・ファイターに全部片付けさせる目的なら駐留しなくてもいいのにねえ。

まあ、いいんだけどね!!

 

うわ!凄く高くなってる・・・・。

関連記事

こんにちは。マスター・テッドです。 いよいよ今月末、バンダイからスター・デストロイヤーが発売ですね。 すっげえ楽しみで、STAR WARS DXでも記事を見たりしております。 でもね~、すぐにでも欲しい! そういえば、ずっと前に[…]

多分このとき5800円くらいで買ったんだよな。

値上げ、恐るべし。